神戸の小川慶治朗が横浜FCに完全移籍「16年間僕のことを愛してくれて本当にありがとうございます」

小川慶治朗。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

横浜FCにレンタル、小林友希の神戸復帰も決定。

 ヴィッセル神戸のFW小川慶治朗(OGAWA Keijiro)が1月6日、横浜FCに完全移籍することが決まった。また、横浜FCに期限付き移籍していた小林友希(KOIBAYASHI Yuki)が神戸に復帰することも決定した。両クラブが発表した。

 小川は1992年7月14日生まれ、兵庫県出身、28歳。170センチ・67キロ。これまでのキャリアは、ウッディSC ― ヴィッセル神戸ジュニアユース ― 神戸U-18 ― 神戸 ― 湘南ベルマーレ(期限付き移籍) ― 神戸。

 これまでの通算記録は、J1リーグ202試合・29得点、J2リーグ39試合・16得点、39試合・0得点、天皇杯13試合・5得点、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)3試合・ 0得点。

 小川は神戸のファンとサポーターに向けて、次のように感謝を伝えている。

「この度、横浜FCに移籍することにしました。ヴィッセル神戸に関わる皆さま、そしてこれまでヴィッセル神戸に関わってきた皆さま、16年間僕のことを愛してくれて本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。皆さまと一緒に闘えたことは僕の財産です。新天地でも頑張ってきます。本当にありがとうございました」

 一方、横浜FCのサポーターに次のように呼び掛けている。

「横浜FCに関わる皆さま。はじめまして。ヴィッセル神戸から完全移籍してきました小川慶治朗です。これから皆さまと素晴らしい時間を共有できるように毎日成長しながら頑張りたいと思います。よろしくお願いします」

注目記事:【移籍リスト】前田遼一、加藤順大、本田拓也、青山直晃、水野晃樹ら83人掲載

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads