×
×

【仙台】浦和退団のマルティノスが仙台に加入「自分のスピードやドリブルを中心としたプレーが、チームの力になると信じています」

仙台への加入が決定したマルティノス。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

「手倉森誠監督と一緒に仕事ができることを大変嬉しく思う」

 J1リーグのベガルタ仙台は1月7日、浦和レッズを昨季限りで退団したマルティノス(Quenten Geordie Felix Martinus)を獲得したと発表した。

 マルティノスは1991年3月7日生まれ、キュラソー出身、183センチ・70キロ。これまでのキャリアは、ヘーレンフェーン(オランダ) ― スパルタ・ロッテルダム(オランダ) ― フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) ― エメン(オランダ) ― ボトシャニ(ルーマニア) ― 横浜F・マリノス ― 浦和 ― 仙台。

 これまでU-16・17・18オランダ代表、キュラソー代表に選出された経験を持っている。

 浦和での2020シーズン、J1リーグ23試合4得点を記録している。J1リーグ通算は103試合・14得点。マルティノスは仙台のファンとサポーターに向けて、次のようにコメントしている。

「ベガルタ仙台に加入し、手倉森誠監督と一緒に仕事ができることを大変嬉しく思います。自分のスピードやドリブルを中心としたプレーが、チームの力になると信じています。今シーズンはファン、サポーターの皆さまとともに、素晴らしい結果を手にしたいと願っております。応援よろしくお願いいたします」

注目記事:【浦和】マルティノスが惜別の挨拶、ファンに感謝「個人的に難しい3年間でした」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads