×
×

【大宮】選手、スタッフ計2人が新型コロナ陽性。自主トレ開始前のPCR検査で

NACK5スタジアム。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

トップチームの始動は発表通り1月16日を予定。

 J2リーグの大宮アルディージャは1月10日、トップチームの選手1人とスタッフ1人が新シーズンの自主トレーニング開始前に実施したPCR検査で、新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたと発表した。二人とも現在まで発熱はなく、保健所から問題行動の指摘はなかった。二人とクラブ関係者に濃厚接触者の該当者はおらず、トップチームは発表通り1月16日に始動を予定している。

 大宮は「クラブとして引き続き、毎日の検温や体調チェック、手洗いやうがいの徹底、不要不急の外出自粛などの感染予防対策を継続していくとともに、可能な限りクラブ関係者の在宅勤務などを実施することで、安定したクラブ運営に努めてまいります」とコメントしている。

 陽性判定を受けた二人の症状と経過は次の通り。

▼トップチーム選手の経過
1/4(月) 
喉の違和感あり

1/5(火)~1/7(木) 
目立った症状なし

1/8(金) 
PCR検査実施 → 陽性判定

1/9(土) 
当該保健所より連絡。クラブ関係者の濃厚接触者なし
※1/10(日)時点で、無症状で発熱なし。
保健所の指示の下で1/14(木)まで自宅療養した後、チーム合流に向けてPCR検査を実施する予定。

▼トップチームスタッフの経過
1/8(金) 
PCR検査実施 → 陽性判定 1/9(土) 
当該保健所より連絡。クラブ関係者の濃厚接触者なし
※1/10(日)時点で、無症状で発熱なし。
保健所の指示の下で1/17(日)まで自宅療養した後、チーム合流に向けてPCR検査を実施する予定。

※1/16(土)の始動までにトップチームに関わる全選手・スタッフを対象にPCR検査を行い、陰性判定を受けた上でチーム活動に参加する予定。

注目記事:第2のオルンガ!? サガン鳥栖がケニア人FWイスマエル・ドゥンガを獲得?SNSを辿ると“疑惑”も

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads