×

【鳥栖】始動前のPCR検査で選手2人に陽性反応

(C)SAKANOWA

いずれも無症状、15日まで自主練習実施。クラブハウスへの立ち入りはなし。

 J1リーグのサガン鳥栖は1月15日、Jリーグ提供によるチーム始動前のPCR検査で所属する2人の選手に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことが確認されたと発表した。

 クラブが公表した二人の経過は次の通り。

■A選手の経過、症状
◎1/13(水)
朝の体温 36.5°C、PCR 検査実施
※発熱および咳、味覚・嗅覚障害等の症状はなし

◎1/14(木)
朝の体温 36.4°C
※発熱および咳、味覚・嗅覚障害等の症状はなし

◎1/15(金)
朝の体温 36.5°C
夕方に陽性判定、保健所の指導のもと隔離
※発熱および咳、味覚・嗅覚障害等の症状はなし

■B選手の経過、症状
1/13(水) 朝の体温 36.3°C、PCR検査実施
※発熱および咳、味覚・嗅覚障害等の症状はなし

1/14(木) 朝の体温 36.1°C
※発熱および咳、味覚・嗅覚障害等の症状はなし

1/15(金) 朝の体温 36.5°C
夕方に陽性判定、保健所の指導のもと隔離
※発熱および咳、味覚・嗅覚障害等の症状はなし

 当該選手2人は現在も無症状で、毎日の検温と体調管理システムでも目立った異常はなかった。 1月11日から15日にグラウンドで自主練習を行っていましたが、始動前のため、当該選手 2人のクラブハウスへの立入りはなかった。

 クラブは保健所と連携のうえ、濃厚接触者の特定などを迅速に進めていく。鳥栖は「これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策をさらに強化し、選手、スタッフ、関係者全員 に再度周知、徹底を図ってまいります」と強調するとともに、「現在のところ、陽性判定者以外にトップチームの選手、スタッフで新型コロナウイルス感染症や風邪の症状等はありません」と報告している。

注目記事:横浜FMの大津祐樹が磐田に完全移籍「このまま引退するまでF・マリノスでプレーをし続ける選択肢か、オファーを受けジュビロ磐田へ移籍する選択肢…とても悩み」

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads