【川崎】中村憲剛が「FRO」就任発表。「人と人、人と会社、会社と会社をつなげる役割を担いつつ、僕自身も幅広い活動をしていきたい」

中村憲剛が川崎の「FRO」に就任。©KAWASAKI FRONTALE

“契約書”に「右足」の押印。

 J1リーグの川崎フロンターレは1月23日、昨シーズン限りで引退した中村憲剛氏が「Frontale Relations Organizer (FRO)」に就任することが決定したと発表した。川崎でのアカデミー、普及・育成部門での活動を中心にしながら、様々な活動に携わっていく予定だ。

 役職名は「Frontale Relations Organizer(FRO) (フロンターレ リレーションズ オーガナイザー)」。中村は「このたび川崎フロンターレ リレーションズ オーガナイザー(FRO)に就任しました中村憲剛です。リレーションズと名がついているようにクラブがうまく回るよう、人と人、人と会社、会社と会社をつなげる役割を担いつつ、僕自身も幅広い活動をしていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします」とコメントしている。

 また、23日に行われた新体制発表会では、契約書に「足形」のハンコを押して、今度はピッチ外で数々の“パス”でつながっていくことを誓っていた。

川崎の新体制発表会らしく、その場で突然、中村憲剛に足形の押印を要求。©KAWASAKI FRONTALE

注目記事:【川崎】2冠達成も赤字5億8000万円の見込み、今季は「さらに厳しい状況」。強化配分金の廃止など響く

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads