×

【ACL】川崎は広州恒大、G大阪は全北現代、名古屋は江蘇蘇寧と同組。GSの組み合わせが決定

今シーズンからACLはグループステージへの参加が40チームに拡大される。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

今季32チームから40チームに拡大。C大阪は4月14日のプレーオフに臨む。

 2021シーズンのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の組み合わせ抽選会が1月27日に行われ、東地区・西地区それぞれグループステージ(GS)のカードが決定した。今大会から参加チームが各地区4チーム(1グループ)ずつ増え、32チームから40チームに拡大される。4月14日に行われるプレーオフにはJリーグからセレッソ大阪が臨む。

 グループステージは前回に続いて一国の集中開催で、中2日による6試合が行われる。開催国は未定。決勝トーナメントは1回戦制でスタートし、各地区決定戦となる準決勝、そして決勝はホーム&アウェー戦が組まれている。

 東地区の組み合わせと日程は次の通り。

◎グループF
BGパトゥム・ユナイテッドFC(タイ)
蔚山現代(韓国)
ベトテルFC(ベトナム)
プレーオフ1の勝者

◎グループG
江蘇蘇寧(中国)
名古屋グランパス(日本)
ジョホール・ダルル・タクジムFC(マレーシア)
プレーオフ3の勝者

◎グループH
全北現代(韓国)
ガンバ大阪(日本)
タンピネス・ローバースFC(シンガポール)
シドニーFC(オーストラリア)

◎グループⅠ
川崎フロンターレ(日本)
広州恒大(中国)
ユナイテッド・シティFC(フィリピン)
プレーオフ4の勝者

◎グループJ
山東魯能(中国)
ポートFC(タイ)
傑志SC(香港)
プレーオフ2の勝者

▽日程
◎4/14
東地区プレーオフ

◎4/14~4/30
西地区:グループステージ

◎4/21~5/7
東地区:グループステージ
※集中開催

◎9/13、14
西地区:ラウンド16

◎9/14、9/15
東地区:ラウンド16
※1回戦制

◎9/27、28
西地区:準々決勝

◎9/28、29
東地区:準々決勝
※1回戦制

◎10/19、26
西地区:準決勝

◎10/20、27
東地区:準決勝
※ホーム&アウェー

◎11/21、27
決勝
※ホーム&アウェー

注目記事:「真司、PAOKファミリーへようこそ!」香川真司がギリシャ名門と正式契約。1年半、背番号は――

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads