×

【北九州】Jリーグがけん責と罰金200万円の懲罰。スタッフやメディアの人数を入場者数に加算「水増しを図ろうとした意図は認められない」

(C)SAKANOWA

Jリーグ昇格の2010シーズンから計9年間で。

 Jリーグは2月12日、村井満チェアマンが裁定委員会に諮問し、昨季までトータル9年間、運営スタッフやボランティア、メディアの人数も入場者数に加算していたとして、ギラヴァンツ北九州に対し、けん責と罰金200万円の懲罰を科すと発表した。

 北九州は2010シーズンにJリーグ入会後、2015シーズン及び2016シーズンの2年間を除く2020シーズン19節までのホームゲーム159試合、Jリーグ規約及びリーグ戦試合実施要項が規定する入場者数の算定方法を用いていなかった。入場者に算入できない運営ボランティア、運営スタッフ、出店者、メディア関係者を入場者に算入し、結果的に、Jリーグに提出する公式記録に、少なくとも1試合50~130人程度の過大な誤った入場者数を記載していた。

 懲罰として、けん責と罰金200万円が科される。

 懲罰量定の参考とした事項は次の通り。

(1)入場者数は、スポンサーやファン・サポーター等にとって極めて重要な指標であり、Jリーグ開幕当初から厳格な方法により算定した実数を発表しているが、Jリーグ入会当初から途中2年間を除いて約9年間もの長期にわたり、上記のとおり算入できない関係者を入場者数に含めて報告してきた本件行為は、Jリーグへの信頼を大きく失墜させるものである。

(2)北九州は入場者数の水増しを図ろうとした意図は認められない。しかし上記の間、他クラブによる同種事案に対して懲罰が科された際や、入場ゲートにおける入場者のカウントについて外部から指摘を受け検証して問題ないことが判明した際に、関係者受付まで範囲を広げて点検して是正する機会が何度もあった。にもかかわらず、これを怠り、担当社員に正しい算定方法を周知しないまま放置してきたものであり、その管理監督責任は大きい。

(3)ギラヴァンツ北九州は、本件行為を確認した後も、Jリーグ規約第139条に反して、直ちにJリーグへ報告しなかった。

4.適用条項
『Jリーグ規約』
第133条[Jリーグにおける懲罰]第2号
第142条[懲罰の種類]第1項第1号
第153条[1,000万以下の罰金]第2号
第26条[Jクラブの健全経営]第3号

注目記事:Jリーグが新潟に罰金300万円とけん責の処分。飲酒運転発覚の選手が6試合出場、リーグ全体の信用を損なう

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads