【鹿島】エヴェラウド、上田綺世が揃ってゴール!水戸との練習試合で

エヴェラウドがゴールを決め、結果を残す。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

Jリーグ開幕を前に、両ストライカーが決める――。

[練習試合] 鹿島 2-1 水戸/2021年2月21日/カシマサッカースタジアム
※45分×4本、そのうち2本をメディアに公開

 J1リーグの鹿島アントラーズとJ2リーグの水戸ホーリーホックによるトレーニングマッチが行われ、45分×4本のうち2本がメディアに公開され、鹿島がその90分間では2-1の勝利を収めた。他の2本はメディアを含め完全非公開。

 メディアに公開された1本目。鹿島は永木亮太のインターセプトでボール奪取に成功。その縦パスを受けたエヴェラウドがDFを振り切ってシュートを沈めてみせた。

 2本目では一時同点に追い付かれた鹿島だが、試合終盤、相手のハンドのファウルでPKを獲得。これを上田綺世が決めて、2-1に。この1点が決勝点となり、この90分間では水戸を振り切っている。

 エヴェラウド、上田のストライカーがゴールを奪取。まだ試合を通しては課題も見受けられたようだが、鹿島らしく、しっかり勝利の“結果”を収めて、ここから開幕に向けた最後の仕上げに入っていく。

 鹿島のリーグ開幕戦は2月27日、ホームのカシマサッカースタジアムで清水エスパルスと対戦する。15時キックオフ。

 また3月3日にはサガン鳥栖とのルヴァンカップ・グループステージ1節が、同じくホームで組まれている。こちらは19時開始。いずれも新戦力の起用を含め、注目を集めるカードとなる。

ボール奪取からエヴェラウドのゴールの起点にもなった鹿島の永木亮太。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI
ボールに食らいつく鹿島の小泉慶(右)。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI
鹿島の上田綺世がPKを決める!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

注目記事:【鹿島】須藤直輝の憧れはあの元セレソン「試合を楽しみながらも勝ち切り、ドリブルで魅せられる選手に」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads