【浦和×FC東京】槙野智章と安部柊斗が開幕戦へトークバトル「すごくパワフル」「元気があり走って戦える」

オンラインによる記者会見に応じた浦和の槙野智章(左)、FC東京の安部柊斗(右)。協力:Jリーグ

槙野「そこは消さないといけない。ただセットプレーではガツンと取れたらいいなと思います」

[J1 1節] 浦和 – FC東京/2021年2月27日14:00/埼玉スタジアム

 J1リーグ浦和レッズ対FC東京戦に向けて、浦和の槙野智章、FC東京の安部柊斗が2月23日、オンラインによる取材に応じて、開幕戦に向けた“トークバトル”で抱負を語った。

 すでに実績十分な槙野、昨季明治大から加入してさっそく存在感を示した安部――。それぞれの印象、そして開幕戦でどのようなところを警戒するのかを訊ねた。今季20チームによるリーグ38試合の1試合ではあるが、開幕はやはり特別な一戦だ。そこでキーマンとなる二人は、次のように語った。

 安部は槙野のセットプレーを警戒した。

「すごくパワフルな印象があります。プロになる前からずっと見ていて、ワールドカップに出場している、経験も豊富な日本を代表する選手です。警戒するのはセットプレー。槙野選手の武器だと思っているので、みんなでマークについて失点を防ぎたいと思います」

 これを受けた槙野は「嬉しいですね、本当に」と言って、次のように続けた。

「個人的に思うことは、安部選手は昨年1年目、浦和相手にものすごく嫌なプレーをしていました(昨季はFC東京が2勝)。自分の味方にいると、とても助かるだろうなと思う選手。安部選手のサッカーがFC東京に、とてもフィットしている印象を受けました。自分の持っている力が戦術の中で光っていますし、間違いなくグレードアップして戻ってくると思います。若くて元気があって走って戦えるのが安部選手。そこは消さないといけない。ただセットプレーではガツンと取れたらいいなと思います」

 そのように浦和のセンターバックは安部の献身性とアタックを警戒しつつ、自身もゴールを狙っていくと語った。

 J1リーグ開幕、浦和対FC東京の一戦は2月27日14時から、埼玉スタジアムで行われる。

注目記事:【浦和】レオナルドの中国移籍クラブ間合意で、西野努TDが補強に言及「焦点を絞り、 的確な戦力を迎え入れる」

[取材・文:塚越始]

Ads

Ads