×
×

【Jリーグ】強化対象「21歳以下」の出場時間も成績に影響。エリートリーグの組み分け決定、浦和、札幌、名古屋、清水、横浜FMなど14チーム参戦

写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

J1から7チーム、J2から5チーム、J3から2チーム。

 Jリーグは3月7日、21歳以下の強化を目的とした「2021 Jエリートリーグ」を開催すると発表した。昨季から実施予定だったが、コロナ禍の影響で中止されていた。8日に初戦の愛媛FC対ファジアーノ岡山が行われる。そのあとの日程は随時発表される。

「エリートリーグ」は21歳以下の選手を中心とし、21歳以下の選手の出場機会とアカデミー所属選手の飛び級でのチャンスを創出するとともに、トップチームとアカデミー、地域との連携を深める機会を提供することを目的としている。J1から7チーム、J2から5チーム、J3から2チームが参戦する。

 オープニングマッチは8日の愛媛対岡山に決定(無観客での開催)。その他の試合日程については、決定次第随時発表される。

 組み分けと大会方式は次の通り。

【大会方式】
グループA:札幌、水戸、浦和、横浜FM、清水、名古屋(6クラブ)
グループB:鳥取、岡山、徳島、愛媛(4クラブ)
グループC:福岡、長崎、鹿児島、琉球(4クラブ)

・グループごとに、総当たり2 回戦制のリーグ戦を行う
・90分(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする
・試合エントリー:選手最大18人/スタッフ最大7人・
選手交代:7人まで
交代回数:1試合3回まで(ハーフタイムを除く)
※「脳振盪による交代」を導入する
Jリーグが試行する「脳振盪による交代」について: https://www.jleague.jp/news/article/19257

・各グループのリーグ戦が終了した時点で、勝点の合計が多いチームを上位としグループ毎の順位を決定する。
ただし勝点が同一の場合は、次の順序により順位を決定する

1)得失点差
2)総得点数
3)当該チーム間の対戦成績(イ.勝点 ロ.得失点差 ハ.総得点数)
4) 21 歳以下選手の合計出場時間

【出場選手】
・参加クラブに所属する選手
・参加クラブに所属していない選手(練習生)は、Jリーグの承認を得てエントリー可能
・2021年12月末日において満年齢21歳以下の選手を3人以上、エントリーしなくてはならない
※事前にJFA選手登録および本大会への登録が完了している選手のみ

【大会スケジュール】
大会日程:2021年3月8日(月)~11月30日(火)  
※日程は変更になる可能性があります

■Jエリートリーグオープニングマッチ
<グループB 第1節> 3月8日(月) 愛媛FC vs ファジアーノ岡山
※感染予防対策の観点から、本試合にはお客さまはご入場いただけません。

注目記事:本田圭佑がネフチ・バクー加入で合意。「数日中に到着」と地元メディア。アゼルバイジャン初の日本人選手誕生へ

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads