【日韓戦決定】日本人選手の市場価格トップ10。1位久保建英、2位は…

久保建英。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

東京五輪に向かうU-24日本代表はU-24アルゼンチン代表と東京&北九州で2試合。

 日本サッカー協会(JFA)はこのほど、3月25日に日本代表(SAMURAI BLUE)対韓国代表の国際親善試合を日産スタジアムで開催すると発表した。さらに26日と29日には東京オリンピック世代にあたるU-24日本代表とU-24アルゼンチン代表の親善試合の開催も決定。コロナ渦にあり欧州組の選手招集については不透明な部分も多いが、いった誰が呼ばれるのか、果たしてどの選手がどのチームに招集されるのか? どのような布陣が組まれるのか!? いろいろな話題を提供してくれそうだ。

 今回、世界中のあらゆるプロサッカー選手を対象としている移籍専門サイト『トランスファーマーケット』を参照に、「推定市場価格」の日本人選手トップ10をまとめた。

 欧州主要リーグは後半戦に突入し、選手の活躍度やチームへの貢献度に差が出つつあるなか、興味深い順位となっている。1位はレアル・マドリードからヘタフェCFにレンタル中の久保建英、2位は――。

 世界のマーケットで今最も注目を集めているのは、この選手たちだ。

 順位は以下の通り。

◆順位 名前 年齢/ポジション
所属
推定市場価格 円/ユーロ

1 久保建英 19歳/MF
ヘタフェCF
26億円/2000万ユーロ

2 冨安健洋 22歳/DF
ボローニャFC
23億4000万円/1800万ユーロ

3 鎌田大地 24歳/MF
アイントラハト・フランクフルト
20億8000万円/1600万ユーロ

4 南野拓実 26歳/MF
サウサンプトンFC
13億円/1000万ユーロ

5 遠藤 航 28歳/MF
VfBシュトゥットガルト
10億4000万円/800万ユーロ

6 中島翔哉 26歳/MF
アル・アイン
9億1000万円/700万ユーロ

6 堂安 律 22歳/MF
アルミニア・ビーレフェルト
9億1000万円/700万ユーロ

8 伊東純也 28歳/MF
KRCヘンク
8億4500万円/650万ユーロ

9 酒井宏樹 30歳/DF
オリンピック・マルセイユ
7億2000万円/550万ユーロ

10 吉田麻也 32歳/DF
UCサンプドリア
4億9000万円/380万ユーロ

◇次点◇
11 奥川雅也 24歳/MF
アルミニア・ビーレフェルト
4億5500万円/350万ユーロ

11 板倉 滉 24歳/DF
FCフローニンゲン
4億5500万円/350万ユーロ

注目記事:Jリーグ日本人選手の市場価格ランキング。1位昌子源、2位仲川輝人、3位タイ…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads