×
×

【U-24日本代表】アルゼンチンに敗れる。久保建英フル出場で惜しいボレー、三笘薫は途中交代

U-24アルゼンチン戦に出場したU-24日本代表の三笘薫。 (Photo by Masashi Hara/Getty Images)

相馬勇紀、食野亮太郎、林大地らを投入して反撃したが及ばず。

[SAISON CARD CUP] U-24日本代表 0-1 U-24アルゼンチン代表 /2021年3月26日/東京スタジアム

 東京オリンピック世代にあたるU-24日本代表対U-24アルゼンチン代表戦の親善試合は、日本が0-1で敗れた。両チームは中2日、29日に北九州で第2戦を行う。

 日本は4-2-3-1の布陣を採用。旗手怜央が左サイドバック、久保建英がトップ下に入った。試合は序盤からアルゼンチンがアグレッシブにプレスを掛けてきて、日本がやや受ける形で対応。迎えた21分、イタリア・セリエAのベネヴェント・カルチョに所属するFWアドルフォ・ガイチにヘッドで叩き込まれ、先制点を与えてしまう。

 後半に入り、日本は期待された三笘薫から相馬勇紀、旗手から古賀太陽に交代。さらに食野亮太郎、林大地と攻撃的なカードが切られていった。ホームチームは久保が右足の決定的なボレーを放ったものの、枠を捉えず。さらに食野が強振したショットもブロックされるなど、アルゼンチンの壁を最後まで打ち破れなかった。

 日本のメンバーは次の通り。

GK
1 大迫 敬介
DF
18 旗手 怜央
4 板倉 滉
(66分 20 古賀 太陽)
5 渡辺 剛
6 菅原 由勢
MF
3 中山 雄太
10 三好 康児
(87分 8 林 大地)
7 三笘 薫
(66分 14 相馬 勇紀)
16 渡辺 皓太
11 久保 建英
FW
13 田川 亨介
(78分 9 食野 亮太郎)

注目記事:【日韓戦】冨安出血…VARがあれば4原則の対象、韓国FWはレッドカード相当

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads