×

【U-24日本代表】久保建英が蹴り分けた2アシストのCK「板倉選手はこれから2点取ることはないと思うので、しっかり喜びを噛み締めてほしいかなと思います」

CKから2アシストしたU-24日本代表の久保建英。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

U-24アルゼンチン代表相手にトップ下で2試合連続先発、相手とボールを引き出し起点となって翻弄。

[SAISON CARD CUP] U-24日本代表 3-0 U-24アルゼンチン代表 /2021年3月29日/北九州スタジアム

 国際親善試合「SAISON CARD CUP」U-24日本代表のMF久保建英がコーナーキックから板倉滉の2ゴールをアシスト。3-0の快勝に大きく貢献した。

 19歳のレフティはトップ下で2試連続でスタメン出場を果たした。ボールと相手を引き出して起点となりながら相手を翻弄し、アルゼンチンゴールに迫った。

 そして後半2本のコーナーキックから、板倉のジャンプヘッドとダイビングヘッドの2ゴールをアシスト。その精度の高いキックでゴールと勝利をもたらした。

「しっかりリベンジをすると言って、口だけではなく借りを返せたのは非常に良かったと思います」

 久保は試合後のフラッシュインタビューで確かな手応えを得ていた。

「(26日に1試合[0-1]したことで)相手のやり方も分かっているぶん、前日から選手同士でコミュニケーションを取り、どのように守備と攻撃をするかを話し合い、自分たちのプランがしっかりハマった試合だったと思います。それぞれがいい持ち味を出せたと思います」

 そして、コーナーキックから2アシスト――。板倉が決めた得点は、1本目がジャンプヘッド、2本目がダイビングヘッド。それぞれ蹴り分けていたという。

「1本目はなんとなく(板倉を)狙いましたが、2本目はぽっかり空いたスペースがあり(そこに落とし)誰か入ってくれればというぐらいの気持ちで蹴りました。板倉選手はこれから2点取ることはないと思うので、しっかり喜びを噛み締めてほしいかなと思います」

 そのようにレフティはおどけた。そして彼にとっても久々となる観客の前でのプレーになり、この北九州スタジアムに訪れてくれたサポーターに感謝し、次のように今後――東京五輪本番への意欲を示した。

「しっかりいい波に乗って自信を持ち、かといって慢心せず、本番があるか分かりませんが、しっかり自分たちにできる準備を各々していければと思います」

注目記事:【U-24日本代表】鳥栖から日本のビーストへ!林大地がアルゼンチン相手に渾身ゴール

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads