×

【PHOTO 日本代表】意図を感じるプレーから14ゴール。厳選写真でモンゴル戦を振り返る

13分、ゴーラッシュの口火を切る先制点を南野(10番)がマーク。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

大迫勇也のハットトリック、古橋亨梧、伊藤純也、代表デビュー稲垣祥の2ゴール。さらに――。

[W杯アジア2次予選F組] モンゴル 0-14 日本/2021年3月30日19:30/フクダ電子アリーナ

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選(兼中国アジアカップ予選)F組の日本代表(SAMURAI BLUE)対モンゴル代表戦(モンゴルのホームゲーム扱い)は、日本がW杯予選の新記録となる14点を奪い、大勝を収めた。

 大迫勇也のハットトリック、古橋亨梧、伊藤純也、代表デビュー稲垣祥の2ゴール。さらに南野拓実、鎌田大地、松原健のクロスからのオウンゴール、守田英正、浅野拓磨――。何よりいずれも意図の感じられる“狙った”ゴールだった点も収穫に挙げられる。

 もちろん、見据えるのはW杯アジア最終予選突破だ。今度はもしかすると韓国代表と同組になるかもしれない……。アジア最強の地位を改めて確固たるものにするためにも、ここからの戦いが重要になる。

 これからに向けて、希望が膨らむ3月シリーズの2試合となった。

 日本のモンゴル戦での大勝劇を、厳選写真とともに振り返る。

▼Photo gallery▼
【日本代表】意図を感じるプレーから14ゴール。厳選写真でモンゴル戦を振り返る

[写真:徳原隆元]

 

Ads

Ads