×
×

【札幌2-2鹿島】「誰が見てもPKではない」ザーゴ監督が判定に疑問。永戸は町田との連係を悔やむ

鹿島のザーゴ新監督。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

永戸、上田が決めたものの追い付かれる。

[J1 9節] 札幌 2-2 鹿島/2021年4月11日/札幌ドーム

 J1リーグ9節、鹿島アントラーズが北海道コンサドーレ札幌戦、永戸勝也、上田綺世のゴールで2点先取しながらも、その後、田中駿汰、アンデルソン・ロペスの得点で追い付かれてリーグ連勝を逃した。

 鹿島のザーゴ監督は試合後の記者会見で、次のように振り返った。

「非常にいいスタートを切り2点リードできました。後半、重心が下がり、後ろに重たくなったところから失点につながってしまいました。後半も私たちが何度かチャンスを作りました。ただ同点(PKを与えアンデルソン・ロペスに決められる)の場面に関しては、この試合見ていた人おそらく全員がPKではないと明確に見られたのではないでしょうか。それが非常に残念ではありました」

 そのように指揮官は、金子拓郎がちょうどペナルティエリアのラインを挟み、永戸のファウルで与えたPK(VARチェックを経て改めてPKに確定。トリッピングはエリア外だが、そのあと内側で後方から押しているようにも見える)について疑義を唱えていた。

 一方、永戸自身は町田浩樹との連係で止められたはずだと反省していた。

「最初に自分がヘディングで競りにいったあとのこぼれ球から、マチ(町田)がカバーに来ているのは分かっていたなか、しっかり縦を切らせて攻撃を遅らせられればと思いました。ただ相手に前へ入られ引っ掛かってしまい、そこは味方との連係で防げたはずなので、そこを次に向けて修正できればと思います」

 ちなみに右足で決めた豪快な先制点について、永戸は「右足ではありましたが、ふかなさいようにファーへと蹴りこむことを意識しました」と振り返っていた。

 鹿島、札幌ともに2勝2分4敗の勝点8。上昇へのキッカケを掴みたかったものの、勝点1を分け合う形になった。

注目記事:日本人選手の市場価格トップ10。久保建英3位に。”初”の1位は23億4000万円あの選手!

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads