×

【鹿島】ザーゴ監督解任、相馬直樹コーチが指揮官就任。SNSで呟いていた「なぜ失望がこんなにも痛いのか」

鹿島のザーゴ監督(2020年1月撮影)。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

今季これまでJ1リーグ15位。クラブは「今シーズンの成績を総合的に判断したうえで」と説明。

 J1リーグの鹿島アントラーズは4月14日、今シーズンの成績を総合的に判断したうえでザーゴ監督との契約を解除し、相馬直樹コーチが新監督に就任すると発表した。

 ザーゴ監督(本名:アントニオ・カルロス・ザーゴ ANTONIO CARLOS ZAGO)は1969年5月18日生まれ、 ブラジル出身。リーグ通算20勝7分15敗、リーグカップ通算3勝2敗、 AFCチャンピオンズリーグ通算1試合1敗。公式戦通算成績は23勝7分18敗。今シーズンはこれまで、J1リーグ2勝2分4敗(10得点・12失点)で15位と低迷していた。

 相馬新監督は1971年7月19日生まれ、静岡県出身。これまでのキャリアは、高部小スポーツ少年団 ― 清水市立第六中学校 ― 清水東高校 ― 早稲田大学 ― 鹿島アントラーズ(1994) ― 東京ヴェルディ1969(2002) ― 鹿島アントラーズ(2003) ― 川崎フロンターレ(2004)。

 現役時代の通算は、J1リーグ289試合・10得点(鹿島では250試合・10得点) J2リーグ15・0得点、リーグカップ45試合・3得点(鹿島36・3得点)、 天皇杯通算29試合・0得点(鹿島26試合・0得点)。日本代表58試合・4得点。1998年フランス・ワールドカップに出場。

 指導歴は、川崎フロンターレU-18アドバイザーコーチ、U-20日本代表コーチ、FC町田ゼルビア監督、川崎フロンターレ監督、モンテディオ山形ヘッドコーチ、町田監督、鹿島コーチ。

 ザーゴ監督は自身のインスタグラムのストーリーズで前日、「失望がなぜこんなにも痛いのか知っていますか? なぜなら、それは向こうから決して来るものではないからだ」と箴言的なメッセージをつぶやいていた。

注目記事:【札幌2-2鹿島】「誰が見てもPKではない」ザーゴ監督が判定に疑問。永戸は町田との連係を悔やむ

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads