×
×

【鹿島】選手2人・スタッフ1人が新型コロナ陽性。濃厚接触者はなし

(C)SAKANOWA

保健所の判断により、トップチームの活動は感染予防策の徹底を図ることで継続に。

 J1リーグ鹿島アントラーズは4月14日、13日にトップチーム所属の選手2人とトップチームスタッフ1人が新型コロナウイルス感染症PCR検査の結果、陽性判定を受けたと発表した。

 当該選手Aとスタッフは4月12日に体調不良を訴え、13日に実施した新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けた。これに伴い、当日のチーム練習を中止したうえで当該選手Aとスタッフを除くトップチーム全選手及びチーム関係者を対象としたPCR検査を実施したところ、当該選手Bの陽性判定が確認された。

 当該選手Bを除くトップチーム選手とチーム関係者は陰性判定となり、体調不良や発熱などの症状も確認されていない。14日に保健所の指導のもと濃厚接触者の特定を進めた結果、該当者なしと判断された。

 当該選手AとBは、4月11日のJ1リーグ9節のアウェーでの北海道コンサドーレ札幌戦の遠征に帯同していたため、札幌と速やかに情報共有を行い、今後も適宜連携していく。

 今後のトップチームの活動に関しては、保健所との協議の結果、感染予防策の徹底を図ることで継続可能との判断を受けた。クラブハウス施設については、13日に外部業者による全館内のアルコール消毒を実施。オフィシャルショップおよびフットサルコートは通常どおり営業を継続する。

 クラブでは、これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策をさらに強化し、選手、スタッフ、関係者全員に再度感染症防止策の周知、徹底を図っていく。

■当該選手Aの経過、症状
4/7(水)チーム活動参加(体温:36.2℃)
4/8(木)チーム活動参加(体温:36.2℃)
4/9(金)チーム活動参加(体温:36.2℃)
4/10(土)チーム活動参加(体温:36.0℃)
4/11(日)北海道コンサドーレ札幌戦(体温:35.9℃)
4/12(月)チーム活動オフ、咽頭痛あり(体温:38.4℃)
4/13(火) ・発熱なし、咽頭痛あり(体温:36.9℃)
・午前:PCR検査実施→陽性判定

■当該選手Bの経過、症状
4/7(水)チーム活動参加(体温:36.2℃)
4/8(木)チーム活動参加(体温:36.1℃)
4/9(金)チーム活動参加(体温:36.0℃)
4/10(土)チーム活動参加(体温:36.5℃)
4/11(日)北海道コンサドーレ札幌戦(体温:36.2℃)
4/12(月)チーム活動オフ(体温:36.3℃)
4/13(火) ・発熱なし、体調不良なし(体温:36.1℃)

・午前:PCR検査実施→陽性判定

■当該スタッフの経過、症状
4/7(水)チーム活動参加(体温:36.3℃)
4/8(木)チーム活動参加(体温:36.4℃)
4/9(金)チーム活動参加(体温:36.4℃)
4/10(土)チーム活動参加(体温:36.3℃)
4/11(日)チーム活動参加(体温:36.4℃)
4/12(月)チーム活動オフ、倦怠感、咳症状あり(体温:37.5℃)
4/13(火) ・発熱なし、咳症状あり(体温:36.9℃)
・午前:PCR検査実施→陽性判定

※当該選手A、B、スタッフとも現在、自宅にて静養し、体調回復に努めている。

注目記事:【鹿島】ザーゴ監督解任、相馬直樹コーチが指揮官就任。SNSで呟いていた「なぜ失望がこんなにも痛いのか」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads