×

ハノーファー原口元気の移籍先候補4クラブ。「本命」はウニオン・ベルリン

日本代表の原口元気。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「対抗」はケルンか――。

 日本代表MF原口元気は今シーズン限りで、ドイツ・ブンデスリーガ2部ハノーファー96との3年契約が満了を迎える。チームは現在13位。1部昇格を逃したことで、フリートランスファーとなって新シーズンに向けて移籍することが確実視されている。これまでのところ4クラブが獲得を検討し、現時点で遠藤渓太の所属するウニオン・ベルリンが「本命」として挙がっている。

 ハノーファーで背番号「10」をつける29歳のアタッカーは、今季2部リーグ30試合・9得点・7アシストと活躍。ケナン・コジャク監督のもと、主戦場である左ウイングに加え、最近はセンターハーフとしてもゴールを決めている。

 これまで移籍先の候補に挙がってきたのは、古巣でもあるフォルトゥナ・デュッセルドルフ、1.FCケルン、シャルケ04、そしてウニオン・ベルリンだ。そうしたなかドイツ最大部数を誇る大衆紙『ビルド』電子版5月5日、「ハラグチがベルリンに戻る?」と題した記事で、原口が「ウニオンと交渉している」と報じたのだ。

 こうした情報を受けて地元メディア『シュポルト・ブッツァー』は、「29歳のハラグチはよりよい契約を結ぼうとしている。そのようなクラブが現れるかどうか? 古巣であるデュッセルドルフ、そしてシャルケが候補に挙がってきた。ただ、ウニオンとケルンが原口を獲得しようとしている」と伝える。

 原口もトップ(1部)リーグでのプレーを希望していると言われる。シャルケは2部降格が決定し、経営もひっ迫していると言われるだけに噂の領域のまま。2部5位のデュッセルドルフも昇格を果たせれば、移籍先の候補に入ってくるか。

 そしてドイツ複数メディアは「ウニオン・ベルリンが原口獲得レースのポールポジションにある」と報じている。「対抗」は現在1部17位のケルンだが、挽回するには1部残留が“条件”になってきそうだ。

 横浜F・マリノスからレンタルで1年間プレーしてきた遠藤はこのほど、ウニオン・ベルリンへの完全移籍を果たした。遠藤と原口がベルリンでチームメイトになる。その日が近づいている。

注目記事:浅野拓磨「家賃未納」と知り、ショックでパルチザンを去った!?セルビアメディア“決断の決め手”

[文:サカノワ編集グループ]

Error, group does not exist! Check your syntax! (ID: 29)

Ads

Ads