×

【J2営業収益ランキング】1位大宮、2位千葉、3位新潟…。コロナ禍の2020年度、15クラブが前期マイナス

写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

2019年度1位・磐田は7月の発表で反映。

 Jリーグは5月28日、2020年度のクラブ経営情報を開示した(56クラブ中、湘南ベルマーレ、柏レイソル、ジュビロ磐田の3クラブを除く)。そのなかで、J2の営業収益をランキングにしてまとめた。コロナ禍で入場制限が掛かり厳しい経営を強いられたなか、15クラブが前期比マイナスに。サポーターやファン、スポンサーの支援が大きな力になった。また、責任企業などの有無も大きく影響している。

 1位は大宮アルディージャの30億3400万円で前年比マイナス4億2000万円。それでもJ1のランキングと照らし合わせると、12位セレッソ大阪の29億1500万円を上回り、11位北海道コンサドーレ札幌の30億9600円とほぼ匹敵する。

 そのあとは、2位がジェフユナイテッド市原・千葉の25億300万円(前年比マイナス3億3500万円)、3位がアルビレックス新潟の21億9400万円(同マイナス5300万円)、4位が京都サンガF.C.の21億100万円(同プラス1100万円)、5位が松本山雅FCの19億2800万円(同7億8300万円)、6位V・ファーレン長崎の18億5800万円(同マイナス7億600万円)と続く。

 ジュビロ磐田は3月決算のため、7月の発表時に反映される。磐田は2019年度、38億1300万円でJ2の1位だった。

 J2クラブの2020年度、営業収益ランキングは次の通り。

◎収益ランキングの見方
順位 クラブ
2019年度 2020年度
前年比(+=プラス ▲=マイナス)
※単位:百万円

1 大宮 
3,454 3,034
▲420

2 千葉 
2,838 2,503
▲335 

3 新潟
2,247 2,194
▲53

4 京都
2,090 2,101
+11 

5 松本
2,711 1,928
▲783 

6 長崎 
2,564 1,858
▲706 

7 山形 
1,845 1,674
▲171 

8 徳島 
1,763 1,672
▲91

9 福岡
1,577 1,538
▲39 

10 東京V
1,938 1,493
▲445

11 岡山
1,567 1,362
▲205

12 町田
1,032 1,253
+221

13 甲府 
1,455 1,229
▲226

14 山口 
1,289 1,043
▲246

15 北九州 
804 986
+182 

16 栃木 
975 855
▲120

17 愛媛 
777 805
+28

18 水戸 
752 762 
+10

19 金沢 
760 665
▲95 

20 群馬 
465 622
+157

21 琉球
632 560
▲72 

◎合計
33,535 30,137
▲3,398

※ジュビロ磐田は3月決算

注目記事:【Jリーグ】10クラブが債務超過。収益ランキング1位は横浜FM、2位浦和、3位川崎。前期100億円超え神戸は…

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads