×

相馬勇紀が語る久保・堂安・上田との相互補完、東京五輪への思い「攻守両面で闘えるのが特長」

U-24日本代表の相馬勇紀。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

U-24日本代表、ガーナ戦で左MFとして先発。前半から伏線を張り、後半立ち上がりに堂安のスルーパスから決める。

[国際親善試合]U-24日本代表 6-0 U24ガーナ代表/2021年6月5日/ベスト電器スタジアム

 U-24日本代表のMF相馬勇紀が6月6日にオンライン取材に応じて、先発出場してゴールを決めた前日のU-24ガーナ代表戦での収穫と課題、そして東京オリンピックに懸ける思いを語った。

 相馬は最激戦区と言える4-2-3-1の左サイドハーフで先発の座を掴んだ。すると後半立ち上がりの48分、堂安律のスルーパスから中央を抜け出し、丁寧かつ鮮やかにシュートを突き刺してみせた。あのゴールは、前半から伏線を張っていたと明かす。

「(試合全体を通しては)全然納得していないですが、もっと最後の質のところにこだわりたい。まずはチームのために戦うこと、そこで結果をしっかり残そうと思っていたので、そういった面では良かったと思います。特に前半は(久保)建英と(堂安)律が、中に入って受けようとしていたので、僕はできるだけ外で引っ張り、彼らのスペースを開けようとプレーしていました。それを繰り返したことで、後半は逆にラインが空いてきて、そこに入る瞬間を狙い、(上田)綺世の動き出しも合い、(得点シーンは)良かったと思います」

 左サイドアタッカーの座はまだ誰にも当確が出ていない。むしろ横一線と言える状況である。それだけに、価値のある一撃と勝利になった。

 ゴールが決まった瞬間にガッツポーズを作った相馬は、「今回の代表活動は誰もが分かるように五輪直前のサバイバル。ガッツポーズをしていたのは映像を見て気付いたので、自然と出ていたものでした」と少し照れながら振り返った。

 相馬は東京オリンピックに懸ける思いを語る。

「(東京オリンピックが決定した)高校3年生の時からずっと目指していて、当時代表にまったく関わっていない選手でした。でもそこから五輪代表の18人になってみせるんだと目指してきた舞台です。そういった意味で、本当にこれまで積み重ねてきました。金メダルを獲るため、チームのためにプレーする覚悟でいます」

 出場するだけではなく、チームの勝利のため、そして金メダルのために――。相馬は武器であるスピードを生かした一瞬の打開力に加え「名古屋ではフィッカデンティ監督のもと、守備の強度も上がったと実感しています。チームのために走り、球際で戦い、攻守両面で闘えるところが特長だと思っています」と、“闘える”選手になったと実感を得ている。

 12日のU-24日本代表対ジャマイカ代表戦は、名古屋のホームである豊田スタジアムで行われる。2月に24歳になったアタッカーは「豊田で行われるので存分にプレーしたい。チームが勝つことを考えて挑みたいです」と心待ちにしていた。

注目記事:【現地取材】沖悠哉、大迫敬介、鈴木彩艶と川口能活が魂を通わす居残り練習。U-24日本代表

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads