×

ストイコビッチ監督が親日家だからこその本音「ホテルから外出できないのは異常な状態でした」。名古屋のレジェンドが来日、日本代表と好ゲーム

セルビアのストイコビッチ監督。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「日本の街を全然歩けず、名古屋の友達とも会いたかった」

[キリンチャレンジカップ] 日本 1-0 セルビア/2021年6月11日/ノエビアスタジアム神戸

 キリンチャレンジカップ2021、日本代表(SAMURAI BLUE)が伊東純也のゴールでセルビア代表に1-0の勝利を収めた。名古屋グランパス時代に選手・監督として数々のタイトルをもたらして時代を築いたレジェンドでもあるドラガン・ストイコビッチ氏が、今回セルビア代表監督として来日。試合後の記者会見では親日家ならではの本音も覗かせた。

「すぐ家に帰りたいです」

 そう切り出したピクシーは次のように続ける。

「ホテルから外出できないのは異常な状態でした」

 宿泊施設と練習場、スタジアムのみを行き来する。行動が極めて限定される「バブル方式」は、特に海外から訪れた選手・スタッフにとって、相当にストレスが掛かり『異常』だったようだ。

「それはともかく試合についてですが、今回の2試合ともどんな結果が出るかは重視していませんでした。現在ここに来ているのはAチームにBチームが加わり、若い選手たちにチャンスを与えて注目していました(9月のW杯予選に向けた準備として)そうです。9月の予選が一番の目標です。それに向けて、いろいろな成果がありました。親善試合はプレーの内容が大事で、勝った負けたかに重きは置いていません」

 一方、ミスターは日本の勝利をたたえた。

「しかし今日の試合について、日本代表におめでとうと申し上げます。日本が内容的にも上回り、チームとしてのコンビネーション、フレッシュな様子、そういったことを発揮して、今日のような結果を残したと思います。(セルビアが力を発揮できなかったが?)日本が強すぎたんです。ただ今回のメンバーのうち、特に攻撃陣はメンバー的に若手をつれてきたので、試合開始時にどれだけできるかを見ていました」

 そして久々の日本、久々の大阪、神戸(「ガンバ大阪に劇的勝利を収めたのは良く覚えていますよ」とも語っていた)。しかし、まったく人との交流を図れなかったことを残念に思っていた。

「日本の街を全然歩けませんでした。名古屋の友達とも会いたかったです。次、コロナのない日本で楽しむことができればと思います」

 コロナ禍でも、スポーツの試合を実施することは可能になった。そういった安全性は保証されてきた。ただ、果たして“それだけ”でいいのか。選手・スタッフの人権的な点がないがしろにされていないか。ピクシーの言葉は国内外のサッカー界のみならず、東京オリンピックをも控える日本のスポーツ界に、いろいろなテーマを残した。

注目記事:【日本代表】ストイコビッチが日本語でダメ出し、吉田麻也「テクニック」を見せつけたかった!

[取材・文:塚越始]

Error, group does not exist! Check your syntax! (ID: 29)

Ads

Ads