×

日本代表FW浅野拓磨はドイツ1部復帰のボーフム移籍。セルビアでの給与未払い騒動を経て正式決定!

ボーフムが公式サイトで、浅野拓磨の加入を正式に発表!※写真はボーフム公式サイトより

トルコでもスペインでもなく…小野伸二、鄭大世がかつて在籍。

 度重なる給与未払いを理由にセルビア1部パルチザン・ベオグラードとの契約を5月2日に解除してフリーになった日本代表FW浅野拓磨が6月23日、ドイツ・ブンデスリーガ1部へ新シーズン昇格するVfLボーフムに加入することが決まった。クラブが公式サイトで発表した。

 また、浅野は自身のSNSのツイッター( アカウントは @AsaTaku29 )で、次のように報告している。

「この度ドイツブンデスリーガのVfL Bochum に加入することになりました。 再びブンデスリーガの舞台でプレーできることを楽しみにしています。 成長に向けて全力で頑張りたいと思います。 『感謝。』」

 ボーフムは昨季ブンデス2部リーグ、21勝4分9敗の勝点67で優勝。12シーズンぶりの1部昇格を果たしている。かつて小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)、鄭大世(FC町田ゼルビア)が在籍していた。

 2020-21シーズン、セルビア1部リーグ2年目のジャガーは、外国籍選手最多となる18ゴールを奪取。しかし給与未払いを理由にシーズン終盤、退団を決断していた。

 トルコ1部ベシクタシュJK、トラブゾン・スポル、さらにスペイン2部のUDアルメリアなどの名前が挙がっていたが、浅野にとっても、2018-19シーズンにハノーファー96でプレーして以来のドイツ挑戦になる。

 FIFAの規則では、2か月以上の給与遅滞が起きた場合、選手がFIFAを通じてクラブへ改善を要求できる。それがFIFAによって事実と認められた場合、クラブは15日以内に給与の支払いに応じなければいけない。それでも改善が見られない場合、選手はフリートランスファーとなっての移籍が認められる。

注目記事:日本人選手の市場価格トップ20。3位久保建英、2位冨安健洋、1位は…。Jリーグ勢最高は21位

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads