×

東京五輪代表MF田中碧のデュッセルドルフ加入が決定。クラブ役員「他に興味を示すクラブがいくつもあった」。川崎から1年レンタル、買取オプション付き

田中碧。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「大きな日本人コミュニティのあるデュッセルドルフで多くの経験を詰めることを楽しみにしています」

 ドイツ・ブンデスリーガ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフは6月26日、J1リーグ川崎フロンターレのU-24日本代表(東京オリンピック日本代表)MF田中碧(TANAKA Ao)を、買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したと発表した。

 デュッセルドルフの発表によると、7月1日から1年間のレンタル移籍。両クラブは買い取りオプションについても合意している。

 デュッセルドルフのウーベ・クラインスポーツ役員は、次のように獲得の背景を説明し、期待を寄せている。

「田中碧はその高いクオリティで我々の中盤に良い影響を与えてくれでしょう。彼は才能があり多才で、この若さにもかかわらず、すでに多くの経験を積んでいます。彼が日本一のチームで不動の存在である理由が分かります。

 我々は、彼に興味を示すクラブが他にもいくつかあったなか、獲得できたことを嬉しく思います」

 田中はクラブを通じて、次のようにコメントしている。

「自分自身にとって、この大きな一歩を踏み出せたことを嬉しく思います。自分がユースの頃から所属していたクラブを離れるのは簡単ではありませんでしたが、今はフォルトゥナでの自分の役割を楽しみにしています。チームメイト、ドイツサッカー、フォルトゥナファンの皆さんと知り合うこと、そして大きな日本人コミュニティのあるデュッセルドルフで多くの経験を詰めることを楽しみにしています」

 田中は川崎のACL(アジアチャンピオンズリーグ)グループステージには帯同せず、7月5日から東京オリンピック日本代表として活動。五輪本番を終えたあと、デュッセルドルフに合流する。

注目記事:日本人選手の市場価格トップ20。3位久保建英、2位冨安健洋、1位は…。Jリーグ勢最高は21位

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads