×

【メキシコ戦採点】手放しでは喜べない!?林大地のMOM選出。久保建英&堂安律の活躍を引き出す│東京五輪 日本代表GL第2戦

(C)SAKANOWA

相手の攻撃を一旦破壊する吉田、芽を徹底的に摘む遠藤の守備も光る。

[東京五輪 GL2節] 日本 2–1 メキシコ/2021年7月25日/埼玉スタジアム2002

 東京オリンピックのグループリーグ(GL)2節、日本代表が久保建英(レアル・マドリード)の2試合連続ゴール、そして堂安律(PSVアイントホーフェン)のPK弾で、メキシコ代表に2-1の勝利を収めた。日本の出場選手の採点・寸評をまとめた。通信簿にちなみ「5段階」評価に。

▼採点の見方
ポジション

背番号 選手名 採点
寸評
※通信簿にちなみ5段階評価で採点。
「5」が最高、「1」が最低。
対象は原則プレー時間20分以上。

【オリンピック日本代表:メキシコ代表戦】
GK
12 谷 晃生 2
ビッグセーブを1本見せたが、失点シーンはどうすれば防げたか、どのように今後防ぐのか(DFの配置など)、フル代表にもつながる議題であり詰めたい。

DF
2 酒井宏樹 4
相手のレベルが増すと、存在感が一段と増す。厳しい守備で主導権を渡さず。

4 板倉 滉 3
冨安健洋が間に合わず2試合連続フル出場。しぶといディフェンスが光る。

5 吉田麻也 4
起点を作らせず、相手の攻撃の形を一度破壊する高さと強さを備えたパワフルな守りで貢献。

3 中山雄太 3
最終ライン全体で共通していたが、ボールへ向かう時の思い切りの良さがプラスに働いた。攻撃にさらに少しずつ関与したい。

MF
6 遠藤 航 4
徹底して相手の中盤の攻撃の芽を摘んでいった。フランス戦の最重要キーマン。

17 田中 碧 3
コンダクターとして、キーパスの精度も高まってきた。劣勢時にどのように貢献するか。

7 久保建英 4
一瞬の隙を見逃さず2戦連続ゴール! 先発&フル出場が続いての疲労がやや心配に。

16 相馬勇紀 4(▽65分)
VARにより少なからず運も味方につけてのPK獲得。常にペナルティエリア内に仕掛けることを心掛け、その連続がここで奏功した。

10 堂安 律 4(▽79分)
久保とのコンビネーションで打開。(特に苦しい時間帯)周囲をサポートする仕事も増やしたいところ。

FW
19 林 大地 4(▽79分)【MAN OF THE MATCH】
この男の久保と堂安の分まで負担するハードワークは、今回の勝利に欠かせなかった。そうしたこのチームの戦い方が構築されてきた。一方、あまりに負担が大きい印象も。結果、交代後、チームのバランスも変わった。

▼途中出場
MF
9 前田 大然  2(▲65分)
背後を付くアグレッシブなアタックは相手のラインを押し下げる効果があった。が、日本も間延びする形になり、その後修正したものの反撃も食らった。

FW
18 上田 綺世 ―(▲79分)
最前線に投入されたが、なかなかキープできず。あのゴールに襲い掛かる貪欲な綺世を期待したい。

MF
11 三苫 薫 ―(▲79分)
ついに復帰。役割がやや曖昧になったが、今後へ期待を抱かせる躍動を見せた。

注目記事:ギリシャ強豪が武藤嘉紀の獲得へ「交渉中」。FC東京、神戸…Jリーグ復帰は!?

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads