×

仙台がマルティノスと契約解除。今季15試合3ゴール

マルティノス。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

オランダメディアへの発言も関係!?

 J1リーグのベガルタ仙台は7月31日、マルティノス(Quentin Geordie Felix MARTINUS)と「今後の活動について協議を重ねたうえで」、契約を解除すると発表した。

 キュラソー代表のマルティノスは1991年3月7日生まれ、 183センチ・70キロ。これまでのキャリアは、ヘーレンフェーン(オランダ) ―  スパルタ・ロッテルダム(オランダ) ―  フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) ―  エメン(オランダ) ―  ボトシャニ(ルーマニア) –―  横浜F・マリノス ―  浦和レッズ ―  ベガルタ仙台(2021年加入)。

 今シーズンは、J1リーグ15試合・3得点、ルヴァンカップ3試合・1得点、天皇杯1試合・0得点。

 マルティノスは7月26日、オランダメディア『Omrop Fryslan』に登場し、「オランダにはしばらく戻ることはないだろう」と語っていた。一方、メディアに「これは言わないでくださいよ」と伝えていたにも関わらず、手倉森誠監督に対する個人的な思いが掲載されて、SNSなどでも話題となっていた。

注目記事:前・浦和レッズのFWレオナルド、山東から河北へレンタル移籍決定。中国夏のマーケット最終日に

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads