×

【スペイン戦】全選手ひと言「査定」。上田と前田の“裏突き”全く生かせず。東京五輪サッカー日本代表、決勝進出ならず

久保は惜しいシュートを放つ。疲れもあり、判断が一つ遅れていた印象も。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

スピードスター前田がゴールのほしい時に守備へ回る、疑問の配置に。

[東京五輪 準決勝] 日本 – スペイン/2021年8月3日/埼玉スタジアム2002

 東京オリンピックのサッカー男子・準決勝、日本代表は延長後半115分のマルコ・アセンシオのゴールで、スペイン代表に0-1で敗れた。

 日本は8月6日の3位決定戦に回り、メキシコと対戦する。メキシコとはグループリーグ2節で一度戦い、日本は2-1で勝利を収めている。

 オリンピック日本代表の出場全選手ひと言「査定」をまとめた。

【東京五輪日本代表:スペイン戦】

GK
12 谷 晃生
ラファ・ミルのシュート2本をビッグセーブ。ハイボールにも安定感。「地上戦・空中戦」ともに安定。

DF
2 酒井宏樹
ククレジャとダニ・オルモの2人を見る難しい対応を迫られるものの、最後まで集中を切らさず。

4 板倉 滉
ペナルティエリア内でスーパーブロックを連発しチームを救った。

5 吉田麻也
VARが入ったシーンはむしろ素晴らしい間一髪の守備だった。前へ後ろへ、ほぼ完璧に対応していた。

3 中山雄太
中央に絞りながらサイドアタックも封じる。終盤に彼のサイドが狙われ、案の定、崩されてしまった。

MF
6 遠藤 航
アンカーのスビメンディへ睨みをきかせて、危険な位置での自由を与えなかった。

17 田中 碧(▽118分)
勝負どころで股を抜かれるラストパスから、アセンシオ弾を決められる。巧さ以上に、強さと怖さがほしいポジション。

7 久保建英(▽91分)
ギャップをついてパスを引き出す。惜しいシュート1本を放ったが90分で交代に。疲れからか判断が一つ遅かった印象も。

10 堂安 律(▽91分)
終盤に存在感。ドイツのビーレフェルトでプレーしていた間も相手が疲れた時に馬力を発揮していただけに、残していても面白かったか。

13 旗手怜央(▽65分)
左MFで先発。上下動を繰り返して相手の体力を消耗させた。攻撃面で(惜しいシーンに絡んだが)ひと仕事したかった。

FW
13 林 大地(▽65分)
前線からのチェイスを続け、最低限の任務遂行。あのシュートは最低限枠に飛ばさなければ何も起こらない。

▼途中出場
FW
18 上田綺世(▲65分)
パウ・トーレスに思うように競り勝てないまま起点になれず。一方、常に背後にスプリントして狙い続けたが、一本もパスが出てこなったのはもったいなかった(味方にもアピールして、パスを要求していたようだった)。

16 相馬勇紀(▲65分)
守備に軸足を置きながら前へ向かった。サイドを何度も崩したが、クロスは合わず。苦しい時こそ、判断の精度を高めたい。

MF
8 三好康児(▲91分)
上田の位置を常に見ながら、二人での打開を狙っていた。ただ守備面で残念ながら貢献できず、むしろ押し込まれる要因に。

FW
9 前田大然(▲91分)
日本の韋駄天アタッカーがまさに切り札で投入。ところが右MFへの配置で守備に追われることに。終盤も2トップ気味になったかと思いきや、吉田をパワープレーで前線に置くと、なぜか中盤に下がって守備要員に。上田と前田の“裏突き”をチームとして全く生かせれておらず、そこを整理できないと3位決定戦も難しい。

15 橋岡大樹(▲115分)
吉田を前線に上げるパワープレーを敢行。しかし、全員のゴールへの道筋のイメージがバラバラだった。

先発した林大地。あのシュートは枠に飛ばさなければ…。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

注目記事:プロと代表への道、「中学サッカー部」経験2人のみ、「高校経由」4人。圧倒的「15人」のキャリアは?東京五輪サッカー日本代表22人をチェック

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×