×

本田、長友、岡崎…Jクラブがまだ獲得できる日本人選手リスト

本田圭佑 写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

乾、塩谷、細貝も――日本代表で活躍したビッグネームばかり。

 Jリーグの夏の移籍ウインドー(第2の選手登録期間)は8月13日で終了した。大迫勇也、武藤嘉紀のヴィッセル神戸加入、江坂任の浦和レッズ加入など、日本代表クラスの選手に多くの動きがあったのは特徴的だった。同時に田中碧、三笘薫、林大地の東京オリンピック日本代表組、そして日本代表のオナイウ阿道と若きスター候補が海を渡っていった。

 しかし、移籍ウインドーは閉じたものの、現在所属先がないフリートランスファーの選手については、それぞれのJクラブが交渉可能だ。Jリーグの選手登録期限(追加登録期限)は10月1日である。

 チームで不測の事態などが起きた際には、このフリーの選手を必要とする――。そんな状況も起こり得る。

 とはいえ選手たちもまた、8月末までが選手登録期間である欧州主要リーグでの戦い、あるいはよりよい条件でのプレー環境を求めている。そもそも「Jリーグ」が選択肢にない選手もなかにはいるが……果たしてビッグネームの日本復帰はあるのか!?

 現在フリートランスファーとなっている主な選手をまとめた。

◆見方◆
◎名前 年齢 
ポジション
前所属

◎岡崎慎司 35歳
FW 
SDウエスカ

◎本田圭佑 35歳
MF
ネフチ・バクー(アゼルバイジャン)

◎細貝 萌 35歳
MF
ブリーラム・ユナイテッド(タイ)

◎長友佑都 34歳
DF
オリンピック・マルセイユ(フランス)

◎乾貴士 33歳
MF 
SDエイバル(スペイン)

◎塩谷司 32歳
DF
アル・アインFC(アラブ首長国連邦)

◎工藤 壮人 31歳
FW
ブリスベン・ロアーFC(オーストラリア)

◎丸岡 満 25歳
MF
BGパトゥム・ユナイテッドFC

注目記事:【横浜FM】前節初先発&初ゴールの杉本健勇、大分戦メンバー外。マスカット監督が理由を語る

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads