×

【横浜FM】選手1人がコロナ陽性。15日大分戦前にオンサイト検査実施

(C)SAKANOWA

Jリーグが定める基準では「濃厚接触者なし」。

 J1リーグの横浜F・マリノスは8月17日、トップチームの選手1人に新型コロナウイルス感染症の陽性判定が確認されたと発表した。また同選手の発熱を受けて、15日に行われたJ1リーグ24節の大分トリニータ戦(〇5-1)では、試合前にエントリーする選手・スタッフを対象にオンサイト検査を実施し、全員が陰性だったことを報告した。

 当該選手は8月15日に体温37.7度、16日に36.9度を測定。16日に新型コロナウイルス感染症のPCR検査を受けた結果、同日、陽性判定が確認された。現在は保健所の指導のもと、適切に対処している。

 当該選手の発熱を受けて、トップチームは8月15日に行われたJ1リーグ24節・大分戦のキックオフ3時間前に、監督、コーチ、スタッフ、選手の計24人がJリーグ新型コロナウイルス感染症対応のオンサイト検査を受検し、全員の陰性判定が確認された。

「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に準じ、15日にオンサイト検査を受検した計24人が、16日にクラブ独自のPCR検査を受検した結果、全員の陰性判定が確認された。

 また、15日のオンサイト検査と16日のPCR検査を受けていないコーチ、スタッフ、選手の計29人についても、17日に、クラブ独自のPCR検査を受検した。結果は18日に出る予定。

 なお、当該選手の行動履歴から、Jリーグ独自の濃厚接触疑い基準により「弊クラブの選手、チームスタッフ、クラブ事業スタッフ、アカデミー、スクールコーチ、スタッフのなかに濃厚接触者なし」と判断している。

 クラブは「これまでも細心の注意、準備のもとで新型コロナウイルス感染症対策を実施してまいりましたが、保健所の指導のもと、対策を再度周知、徹底をしてチーム活動を実施します」とコメントしている。

■当該選手の経過
・8月13日(金):朝、体温36.5℃ 症状なし。
チーム活動に参加。

・8月14日(土):朝、体温36.6℃ 症状なし。
チーム活動に参加。

・8月15日(日):朝、体温37.7℃ 症状なし。
自宅待機。

・8月16日(月):朝、体温36.9℃ 
頭痛。自宅待機。PCR検査を受検し陽性判定。

・8月17日(火):朝、体温36.5℃ 
症状なし。自宅待機。

■トップチームの動向
8月15日(日)
監督、コーチ、選手、スタッフの計24人がJリーグ新型コロナウイルス感染症対応オンサイト検査を受検し、全員が陰性判定だった。
Jリーグのガイドラインにより、大分戦を開催。

8月16日(月)
15日にオンサイト検査を受検した24人がPCR検査を受検し、全員陰性判定。

8月17日(火)
15日のオンサイト検査と16日のPCR検査を受けた以外のコーチ、スタッフ、選手の計29人がPCR検査を受検。

8月18日(水)
29人の結果確認予定。

【注目記事】
香川真司がアメリカ移籍か!チームは…。ギリシャPAOKで苦戦中

大物ズラリ!Jリーグ獲得可能リスト。リベリ、ダビド・ルイス、ボアテング…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads