×

【鹿島】犬飼智也が全治6週間。ルヴァン杯名古屋戦で負傷

鹿島の犬飼智也。写真:早草紀子/(C)NorikoHAYAKUSA

今季これまで公式戦32試合に出場。60分に途中交代を余儀なくされる。

 J1リーグの鹿島アントラーズは9月7日、DF犬飼智也が負傷により全治約6週間と診断されたと発表した。

 クラブによると、犬飼は5日に行われたルヴァンカップ・プライムステージ準々決勝第2戦、名古屋グランパス戦(●0-2)で負傷。犬飼はチームドクターによる検査の結果、左ハムストリング筋損傷で、受傷から全治約6週間と診断された。 

 試合では2点リードされたあとの60分に安西幸輝との交代を余儀なくされていた。

 犬飼は今季これまで、リーグ24試合・5得点、ルヴァンカップ6試合・0得点、天皇杯2試合・0得点と、公式戦通算32試合・5ゴールを記録していた。

 タイトル獲得を目指す鹿島だが、名古屋に2試合とも0-2で落とし、ルヴァンカップ敗退が決定。このあと4位につけるリーグ戦では、11日にアビスパ福岡とホームで対戦する。天皇杯もベスト8進出を果たしている。

【注目記事】
・久保先発か!?森保監督の言葉から読み解く中国戦スタメン予想│W杯アジア最終予選、日本代表が第2戦へ

・【PHOTO】日本代表MF柴崎岳の帰還(5枚)

・【オマーン戦 採点】大迫と原口、DF二人に最低点「1」。及第点は唯一…

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×