×

FC東京の金の卵、野澤零温、安田虎士朗、梶浦勇輝の来季昇格発表。いずれもU-18所属、すでにトップデビュー

(C)SAKANOWA

「ファン・サポーターの皆さまがワクワクするようなプレーを魅せれるように」

 FC東京は9月20日、FC東京U-18に所属しているFW野澤零温、MF安田虎士朗、MF梶浦勇輝の2022シーズンのトップチーム昇格が内定したと発表した。いずれも今季すでに2種登録選手として、ルヴァンカップで公式戦デビューを果たしている東京の金の卵たちだ。

 野澤は2003年7月21日生まれ、東京都板橋区出身、174センチ・70キロ。O型。これまでのキャリアは、アミーゴFC ― FC東京サッカースクール アドバンスクラス 府中コース ― FC東京U-15深川 ― FC東京U-18。

 野澤は次のようにコメントしている。

「来シーズン、トップチームへ昇格することになりました野澤零温です。プロサッカー選手になるという幼い頃からの夢を東京で実現することができ、とても嬉しく思います。また、今の自分があるのは家族をはじめとし、ファン・サポーターの皆様や今まで自分に関わってくださった指導者の方々のおかげです。本当に感謝しています。 これからは1人のプロサッカー選手、1人の青赤戦士として、今まで以上に自覚と責任をもち感謝の気持ちを忘れず全力でプレーします。1年目から結果にこだわり必ずチームの勝利に貢献し、リーグ優勝を目指していくので応援よろしくお願いします!」

 また、安田は2003年8月14日生まれ、石川県出身、173センチ・69キロ。O型。これまでのキャリアは、金沢南ジュニアサッカークラブ ― 符津スポーツ少年団サッカー部 ― FC東京U-15深川 ― FC東京U–18。

 安田は「子供の頃からのプロサッカー選手になるという夢を東京でスタートできることをとても嬉しく思います。ここからが新たなスタートとなるので、何事も前向きに頑張ります。ファン・サポーターの皆さまがワクワクするようなプレーを魅せれるように努力し、勝利の喜びを届けられるように全力でプレーします。応援よろしくお願いします!」と呼び掛けている。

 梶浦は2004年1月2日生まれ、東京都港区出身、169センチ・64キロ。B型。これまでのキャリアは、FCトリプレッタ渋谷 ― FC東京サッカースクール アドバンスクラス 大森コース ― FC東京U-15深川 ― FC東京U-18。

 梶浦は次のようにコメントしている。

「来シーズンからトップチームへ昇格することなりました梶浦勇輝です。プロサッカー選手のキャリアのスタートを幼い頃から憧れていたFC東京という素晴らしいクラブでスタートできることを本当に嬉しく思います。このスタートラインに立てたのは、 ここまで成長させてくださった指導者の方々や、助けてくれたチームメイト、いつでも応援してくれたファン・サポーターの方々、そして常に支え続けてくれた家族と全ての人のおかげです。

 感謝と謙虚な気持ちを忘れずにいち早くJ1のピッチに立ってクラブに結果で貢献できるようにさらに努力をして成長していきたいと思います。東京のファン、サポーターの皆様これからもよろしくお願い致します」

【注目記事】
・「プロとして重罪だと伝えた」名波浩監督が厳しい一言。金沢1-1松本、数的不利から土壇場で追い付いたが…

・日本代表の森保一監督を辛辣批評「過大評価された選手ばかり起用。まるでアジアのアルテタ」。豪州メディアがW杯最終予選の10月決戦を前に

・【市場価格付き】Jリーグ獲得な日本人7選手。塩谷司、細貝萌、 森本貴幸…

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×