×

サウサンプトンが古橋亨梧の獲得検討!?激怒したのはセルティックの地元メディア

古橋亨梧。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

イタリアメディアが報じる、26歳のストライカーに「目を向けている」。

 イタリアの移籍専門メディア『カルチョメルカート』は10月4日、イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンFCが、スコットランド1部セルティックFCの日本代表FW古橋亨梧の獲得へ「目を向けている」と報じた。

 情報源、ソースなどについては触れられておらず、「1995年生まれで元ヴィッセル神戸の古橋亨梧に、サウサンプトンが目を向けている」という一文のみの内容。神戸からセルティックに加入し11試合・8ゴールと大活躍を見せる26歳のストライカーが、さっそくイギリス国内で脚光を浴びているようだ。

『HITC』もこの情報を紹介。サウサンプトンは現在リーグ4分3敗とスタートで躓き、しかも通算5得点しか奪えずにいる。そんな“ゴール欠乏症”にあえいでいるだけに、ストライカーの補強は急務とされる。1月に移籍市場が再び開くが、「サウサンプトンが古橋をターゲットにしたとしても、なんら不思議ではない」と、その必然性に言及している。

 一方、『バイタル・セルティック』は、この情報の信ぴょう性の低さを指摘する。「情報源もなくたった1行だけであり、ナンセンスだ」と激怒している。

 いずれにせよ、古橋がサッカーの母国で話題に上るような存在になっている。ゴールを決めれば決めるほど、こうした噂や憶測も増えてくるか。

 日本代表に追加招集された古橋は、7日(日本時間8日2時)にアウェー(ジッダ)でのサウジアラビア代表戦、そして12日に埼玉スタジアムでのオーストラリア代表戦に臨む。

【注目記事】
【日本代表】サウジ戦スタメン予想、南野の復帰有力、右MFは堂安それとも原口か

冨安健洋のアーセナル、20歳CBの“復帰プラン”浮上

【PHOTO STORY】安藤梢、猶本光、菅澤優衣香、遠藤優…浦和が大宮とのWEリーグ「さいたまダービー」を制す(15枚)

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×