×

【日本代表】全選手ひと言査定。柴崎のミスだけではない深刻な状況、一向に改善されない問題と課題ばかり

サウジアラビア戦に臨んだ日本代表の選手たち。(C)JFA

選手交代不発、配置も疑問。サイドなど選手の関係性も一向に改善されず。

[カタールW杯アジア最終予選 B組3節] サウジアラビア 1-0 日本/2021年10月7日(日本時間8日2:00)/キング・アブドゥッラー・スポーツシティ(ジッダ)

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループB第3戦、サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)は0-1でサウジアラビア代表に敗れた。日本は1勝2敗、サウジアラビアは3連勝。

 日本の出場選手のひと言「査定」をまとめた。
▼先発
GK
12 権田 修一
前半は相手ジャンプヘッド、後半は1対1の絶体絶命のピンチで好セーブ。失点シーンは、その当たっているのを踏まえたうえでの、相手の見事なシュートだった。

DF
5 長友 佑都(▽90+1分)
自陣ペナルティエリア付近での粘り強い守備対応は相手を苦しめた。猛暑のなか後半途中から急激に体力が落ちた。

16 冨安 健洋
相手が1トップのため余る機会もあり、鋭い縦パスで攻撃のスイッチを入れる。

22 吉田 麻也
最終サインにフタをする形で、リベロ的な役割を担う。それだけに失点シーン、何かしらボールに向かっていき、チームを救いたかった。

19 酒井 宏樹
高速クロスで大迫の決定機を作る。ただサイドハーフと連動して崩す機会が少ない、という課題が一向に改善されずにいる。

MF
6 遠藤 航
ボールを回収し何度もピンチの芽を摘み日本を救った。しかし奪ったあとにまたも苦しんだ。

7 柴崎 岳(▽73分)
強烈ミドルで揺さぶり。しかしボールロストが多く、常に狙われて、案の定、ミスパスから失点。

9 鎌田 大地(▽73分)
大迫へのスルーパスで決定機を作る。コンディションが上がってきているのはプラス材料だが、怖さがまだ物足りず。

10 南野 拓実(▽59分)
中央への位置取りでギャップを作り出していたが、チームとして、それを生かせなかった。

18 浅野 拓磨(▽59分)
ラインブレイカーとして機能。そこから次になかなかつなげられなかった。ただ彼が退いたあと背後を付く動きがなくなった。

FW
15 大迫 勇也
二度の決定機をモノにできず。終盤のスクランブルでは目立てず。

▼控え
MF
8 原口 元気(▲59分)
古橋に惜しいクロスを放ったとはいえ、流れを変えたとは言えなかった。

FW
11 古橋 亨梧(▲59分)
原口のクロスに合わせ切れず。大迫あるいはオナイウの近くに置くほうがより脅威となりそうだ。

MF
13 守田 英正(▲73分)
キック精度を欠き、流れに乗れなかった。

FW
21 オナイウ 阿道(▲73分)
大迫と被り(気を遣い合う?)詰まってしまう。大迫が引いて受け、オナイウが前へ向かうなど、基本的な関係性は決めておきたい。

DF
20 中山 雄太(▲90+1分)
ラストカードで投入。原口が左に回るなど目まぐるしくポジションが変更されたが、機能したとは言えなかった。

【注目記事】
日本代表、サウジアラビアに敗れる。森保監督の責任問題が噴出へ。W杯アジア最終予選早くも2敗目

日本人選手市場価格ランキングTOP20。3位久保建英、2位冨安健洋、1位は…

【PHOTO STORY】安藤梢、猶本光、菅澤優衣香、遠藤優…浦和が大宮とのWEリーグ「さいたまダービー」を制す(15枚)

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads