×

【浦和】11/27清水戦の「声出し応援」認められず。「依然リスクがある」

浦和レッズのサポーター。あの熱狂はまだ先か…。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「このタイミングでは応援スタイル緩和の技術実証は実施しないこととなりました」

 J1リーグ浦和レッズは11月12日、27日に開催される2021シーズンのホーム最終戦となる埼玉スタジアムでの37節・清水エスパルス戦で、実証実験の一環として「北ゴール裏指定席」に「ワクチン・検査パッケージエリア」を採用し、「人と接触する応援」「密を作る応援」「声を出す応援」といった応援スタイル緩和のトライアルを実施できるよう、Jリーグと政府を通じて行っていた要請が却下されたと報告した。

 浦和は公式サイトで、次のように報告している。

「Jリーグや政府等と調整を進めてまいりましたが、依然接触・飛沫感染リスクがあることからこのタイミングでは応援スタイル緩和の技術実証は実施しないこととなりました。

 浦和レッズは、引き続き関係各位と連携し、新型コロナウイルス感染拡大防止策を実施しながら、応援スタイル緩和に向けて取り組んでいきます」

 この要請は、「北ゴール裏指定席」をすべてワクチン・検査パッケージ対象エリアに指定。「ワクチン接種済証・ワクチン接種記録書」(11月14日以前に2回目の接種を完了したもの)または「陰性証明(PCR検査)」が必要なエリアとして、「技術実証」の対象として、応援スタイルの緩和を要請していた。

 欧州主要リーグでは声を出すのを“禁止する”こと自体があり得ず、スタジアムは熱気を取り戻している。しかし事情や感染状況が異なるものの、日本ではまだ時期尚早と判断された。

 クラブは「今後のさらなる入場者数制限緩和と、再び熱気ある満員のスタジアムを取り戻すために行う各種技術実証の実施にご理解ご協力をお願いします」と、ファン・サポーターに向けて呼び掛けている。

【注目記事】
ベンゲル「代表監督」で現場復帰示唆。名古屋の指揮官を引き受けた時のように――

松井大輔の一言に内田篤人が青ざめる。日本代表、W杯最終予選ベトナムに冷や汗辛勝で…

【Jリーグ市場価格ランキング TOP20】イニエスタ7位、クバ3位…「5億円」超え1位はあの浦和DF

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads