×

千葉の功労者、船山貴之がまさかの契約満了。動揺走る…兄・佑二氏も「これはあり得ない。悔しすぎて…」

千葉の船山貴之。(C)SAKANOWA

2018年チーム最多得点。今季と19年は2位。

 J2リーグのジェフユナイテッド市原・千葉は12月4日、FW船山貴之(FUNAYAMA Takayuki)が2021シーズンをもって契約満了すると発表した。相澤ピーターコアミ、元日本代表DF安田理大の今季限りでの退団も発表されている。

 船山は1987年5月6日生まれ、千葉県出身、34歳。171センチ・68キロ。

 通算成績はJリーグ385試合・96得点、千葉では226試合・54得点。

 船山はクラブを通じて次のようにコメントしている。

「この度、 来季の契約を結ばないこととなり契約満了となりました。 まず昇格という目標を達成できず、 力不足で申し訳ないです。

 そして、 ジェフユナイテッド市原・千葉の船山貴之を好きな方、 嫌いな方いたと思いますが、 応援してくれてありがとうございました。

 こんな形でチームを去るとは1ミリも思っていなかったので心が苦しいです。

 ファン、 サポーターの皆さんの前で挨拶もできず申し訳ないです。でも、 こんな無愛想な船山貴之を受け入れて、 応援してくれて嬉しかったです。

 ファン、 サポーターの中で少しでも船山貴之を応援してよかったって思ってくれていたら嬉しいです。まだまだ船山貴之はピッチに立っていたいので、 ちょっとでもいいので応援宜しくお願いします。

 6年間本当に本当に本当にありがとうございました。 船山貴之」

 また、この発表のあと、鹿島アントラーズなどでプレーした兄の船山祐二がツイッター(アカウントは @funa_8 )を更新。「プロの世界は厳しい。のは自分もよく分かってる。けど、これはあり得ない。悔しすぎてツイートしたくなりました。まあ、独り言ですが。。」とつぶやいた。

 2018年は19ゴールでチーム最多得点を記録。また、今シーズン(8得点)、2019シーズン(12得点)と、チーム2位のゴールを奪っている千葉の功労者だ。すでにホームゲームを終え、リーグ最終戦前日の発表とあって、ファン・サポーターをはじめ多くの人にやや動揺が走っている。

【注目記事】
【Jリーグ市場価格ランキング TOP20】1位は浦和の酒井宏樹。イニエスタ、仲川輝人、三竿健斗が上位に

田中達也が現役引退。浦和、新潟で21年「夢のような素晴らしい時間」

【J2監督人事 一覧】J1昇格の磐田が、甲府の伊藤彰監督を引き抜き!?ユン・ジョンファン監督は3年目の指揮決定!

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads