×

200億円以上の銭闘、ムバッペ一転パリSG残留か。レアル・マドリードとも「W合意」!?

パリ・サンジェルマンのキリアン・ムバッペ。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「フリートランスファー」で浮いた分を要求?

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが今夏、フリートランスファーとなったあとスペイン1部レアル・マドリードに移籍すると言われてきたものの、一転、パリSG残留に傾いていると報じられた。

 スペインメディア『アス』などによると、「契約解除金」を巡る銭闘が続いてきたという。

 昨年夏、レアル・マドリードはパリSGに2億ユーロ(約270億円)でオファー。しかしパリSGとは合意に至らなかった。そこでムバッペサイドは1年待って、フリートランスファーとなって移籍することでレアル・マドリードと“基本合意”に至ったと言われてきた。

『マルカ』によると、ムバッペ側主張したのが、レアルが提示して浮いた2億ユーロの扱い。その分を充ててほしいと主張し、そこでレアル・マドリードはエージェントに1億3000万ユーロ(約175億円)を支払うことで合意に至ったということだ。

 ただし、ムバッペ側はさらなる条件の上積みを期待してきたそうだ。

 また、パリSGの事実上の“オーナー”であるカタールが、レアル・マドリードに移ることに拒否反応を示しているとも言われる。

 そうしたなかパリSGはレアル・マドリード側を上回る条件を提示したというのだ。イタリアの『トゥット・メルカート』によると契約更新料3億ユーロ(約405億円)、年俸1億ユーロ(約135億円)という破格とのこと。一方、別媒体では半年や1年などの短期契約+延長オプションで話し合われているともいう。

 さらには、ムバッペの母が「両方のクラブと合意に至っている。あとは決めるのはキリアン自身」と発言したそうで、混乱に拍車がかかっている。

 いずれにせよ、条件はそこまで大差ないという報道もあり、ムバッペは間もなく決断を下すということだ。

【注目記事】
直前に伏線…昌子とレアンドロ内輪喧嘩が勃発、ダービーC大阪の敵地ピッチ上で

【日本代表】なぜ柴崎岳なのか?森保監督が質問に答える「W杯を経験し、世界で戦う基準を知っている」

移籍金17億円。インテルが南野拓実の獲得に名乗り、リバプール今季10得点の“優良銘柄”

Ads

Ads