×

【日本代表】大型レフティ伊藤洋輝が左SBとCBでデビュー。長友佑都との差を問われると…「全てが学ぶべき対象」

日本代表デビューを果たした伊藤洋輝。写真:兼村竜介/(C)Ryusuke KANEMURA

「周りの選手がよくボールを預けてサポートしてくれたので、上手く試合に入れました」

[キリンチャレンジ杯] 日本代表 4-1 パラグアイ代表/2022年6月2日19:00/札幌ドーム

「キリンチャレンジカップ2022」サッカー日本代表が浅野拓磨、鎌田大地、三笘薫、田中碧のゴールで、パラグアイ代表に4-1の勝利を収めた。

 この試合、今季Jリーグのジュビロ磐田からドイツ・ブンデスリーガ1部VfBシュツットガルトに移籍した伊藤洋輝が初招集され、さっそく国際Aマッチデビューを果たした。

 シュツットガルトでは3バックのストッパー、4バックのサイドバックと左サイドバックと、最終ラインのあらゆるポジションでプレー。レギュラーとして、ブンデス1部残留に貢献した。

 今回日本代表でも初招集、即先発デビューというチャンスを得ると、前半は左SB、後半はCBと二つのポジションに入った。するとドイツでも評価された精度の高い左足のロングフィードから、浅野拓磨のゴールをもたらした。後半はミスパスから失点を献上したが、それも良い経験になったと捉えられるだろう。

「デビュー戦でしたが、周りの選手がよくボールを預けてサポートしてくれたので、上手く試合に入れました」

 そのようにフル代表の“一歩目”を振り返った伊藤だが、カタール・ワールドカップ(W杯)に向けたメンバー争いについて聞かれると、「まだまだ厳しい…メンバー争いは厳しい戦いになります。いかに勝利に貢献していくかを、もっと考えなければいけないと感じています」と力不足を実感したそうだ。

 失点シーンについては、次のように語る。

「完全に読まれていたので、センターバックがリスクをかけて縦パスを入れるべきではありませんでした。ミスから失点につながることは二度とないようにしなければいけません」

 そして日本代表の左SBを長年担ってきた長友佑都との差について聞かれると、23歳の身長188センチある大型レフティはこう言った。

「持ち味やプレースタイルは異なり、何より経験と実績があり、クロス精度や攻撃のタイミングなど差を感じます。僕はサイドバックとしてのプレー数もこなせていませんし、全てが学ぶべき対象です。勉強をさせてもらうと言いますか、吸収していきたいです」

 辿り着くにはまだまだ遠いが、挑戦への一歩を踏み出せた――。この札幌の地でのデビュー戦を冷静に受け止めていた伊藤だが、その表情はとても充実しているようだった。

[取材・文:塚越始]

【注目記事】
【日本代表】ひと言寸評。堂安律が一つ突き抜けた“大人”のパフォーマンス、レフティDF伊藤洋輝も大きな一歩。キリンC杯・パラグアイ戦、4-1勝利

【日本代表】「欧州実績組」が意地!堂安律、鎌田大地、三笘薫、デビュー伊藤洋輝…猛烈な突き上げの好パフォーマンス披露。パラグアイに4-1快勝

【日本代表 市場価格ランキング】久保建英5位、南野拓実3位、1位「34億円」は…

Ads

Ads