×

【磐田】首位マリノス撃破、ラスト3試合J1残留へ望み。渋谷洋樹監督「いい準備ができている。前を向いて、今日をキッカケに進みたい」

渋谷洋樹監督。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

残り3試合、残留を争うライバルとの直接対決に。

[J1リーグ 27節]横浜FM 0-1 磐田/2022年10月12日19:03/日産スタジアム

 J1リーグ27節、首位の横浜F・マリノスを撃破したジュビロ磐田の渋谷洋樹監督は試合後の記者会見で、残り3試合、J1残留へ希望をつなぎ「まだ何も達成していません。ただ、いい準備ができています。前を向いて、今日をキッカケに進みたい」と前を向いた。

「優勝の可能性がある横浜F・マリノスに対し、残留争いをしている私たちは、それ以上のモチベーションで臨もうと声を掛けて臨みました。一瞬のスキも与えなかったことがこの結果につながったと思います」

 そう切り出した指揮官は次のように続けた。

「磐田に残っている選手を含め、いい準備ができて、自信を持ってプレーできました。鹿島戦ではもう少し早く選手交代すればなどと思いましたが、今日、今後につなるゲームをできました」

 そして後半に入り、修正できたことを勝因に挙げた。

「前半はなかなかリカバリーできずにいましたが、後半は守備から攻撃につなげることができていきました。ラスト3試合へつなげられました。

 カウンターで仕留めることを含め、ここからもう一つレベルを上げられるように準備したいです。まだ何も達成していません。ただ前を向いて、今日をキッカケに進みたいです。選手の能力を引き出して、あと3試合戦います」

 磐田はこのあと、10月22日に清水エスパルス戦、29日にガンバ大阪戦(いずれもアウェー)、そして11月5日に最終節でホームで京都サンガF.C.戦を迎える。

【注目記事】
【横浜FM 0-1 磐田】伏兵・古川陽介の今季初ゴール!最下位ジュビロが首位マリノスを撃破

【Jリーグ入場料収入ランキング】全57クラブ。1位横浜FM、2位浦和…新潟は神戸に次ぐ8位、松本13位と健闘

Jクラブも狙えるぞ!クリスチアーノ・ロナウドの1月移籍、マンチェスター・Uが「容認」。アル・ヒラルも再び!?

Ads

Ads