×

【移籍情報】クリスチアーノ・ロナウドはレアル・マドリードからギリギリまで「連絡を待っていた」

クリスチアーノ・ロナウドがアル・ナスルに加入決定!(@AlNassrFC より)

サウジアラビア行きが決まるまで…。

 マンチェスター・ユナイテッドとの契約を解消してフリートランスファーとなったポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)が12月30日、サウジアラビア1部アル・ナスル(Al Nassr FC)に加入することが決定した。ただ、ロナウドはギリギリまで、あるクラブからの連絡を待っていたという。それが古巣であるスペイン1部レアル・マドリードからだったそうだ。

 ロナウドはアル・ナスルと2年半の契約を締結。一部報道では、サウジアラビアへのW杯招致活動PR費などを含め年間2億ドル(約262億円)を得るのではないかと言われている。

 ただし、CR7の仲介人などスタッフがアル・ナスルとの交渉を約4か月かけて進めていた一方、ロナウド自身はカタール・ワールドカップ(W杯)のあと、レアル・マドリードのトレーニング施設であるシウダー・デポルティーバで許可を得て、自主トレに汗を流した。

 そこでスペインメディア『マルカ』によると、クリスチアーノ・ロナウドは、レアル・マドリードからの「連絡をずっと待っていたものの、それはなかった」というのだ。フロレンティーノ・ペレス会長はこれまで、ロナウド復帰について、決して“完全な否定”をしていなかった。それだけにファンを含め、ひょっとすると……という期待を抱いていたが実現はならなかった。

【ロナウドの関連記事】
“和製ロナウド”上月壮一郎がシャルケとプロ契約締結、25年6月まで複数年+延長オプション付き。日本代表DF吉田麻也とチームメイトに

【移籍情報】アル・ナスルがセルヒオ・ラモスの獲得に乗り出す。クリスチアーノ・ロナウドと巨星W獲り!?

【移籍情報】クリスチアーノ・ロナウドからフランクフルトへ逆オファー「というかCL出場クラブに…」CEO困惑の理由とは!?

Ads

Ads