×

【浦和】FWギアクマキスの交渉難航か。MLS、サンプドリアまで獲得を検討。セルティックのギリシャ代表ストライカーが人気株に

セルティックのギアクマキス。 (Photo by Ian MacNicol/Getty Images)

ミッティランは外れる!? 移籍専門ジャーナリストのロマーノ氏がツイートでレポート。

 J1リーグの浦和レッズが獲得を目指している、スコットランド1部セルティックFCに所属するギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(Giorgos Giakoumakis)が、この冬の移籍マーケットでの“人気株”になっている。

 移籍情報を専門とするジャーナリスト、ファブリツィオ・ロマーノ氏(@FabrizioRomano)が1月10日、ギアクマキスの現状についてツイート。次のように、メジャーリーグサッカー(MLS)、さらにイタリア・セリエAのUCサンプドリアまで獲得を目指しているレポートしている。

ギオルゴス・ギアクマキスは現在セルティックを去る可能性があり、多くのクラブがこのギリシャ人ストライカーにアプローチしている。MLSや日本のクラブ、サンプドリアが契約条件を照会している」

 これまでイギリスメディアは、FCミッティランがこの185センチあるFW獲得を目指していると報じていたが、このツイートに、そのデンマーククラブの名前は記されていない。

 28歳のストライカーは2022-23シーズン、リーグ19試合・6得点・1アシスト、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)6試合・1得点など、公式戦通算30試合・9得点・1アシストを記録。ギリシャ代表としても11試合・2ゴール。リーグ戦では10月以降ゴールがなく、最近は古橋亨梧、カタール・ワールドカップ(W杯)日本代表の前田大然らにポジションを奪われている。セルティックとは条件面で揉めてきたそうだ。

 またデンマークメディア『TIPS BLADET』によると、セルティックはVVVフェンロからギアクマキスを獲得した際、1900万クローネ(約3億6000万円)をかけたという。そのため「売却する場合、その倍が支払われなければ踏み切らないだろう」と報じていた。

【移籍の関連記事】
浦和】「走りまくりたい」興梠慎三が復帰で決意!「37歳で新加入の記者会見に出るとは思わなかった」

浦和】スコルジャ監督の性格は?「友人が言うには…」。沖縄キャンプではトランジションの“構造”確立へ

浦和復帰は!? 原口元気が今季で契約満了か「もっと長くいたいが、自分では決められない」。ウニオンで出場機会減、日本代表ではW杯出場を逃し…

Ads

Ads