×

パリ五輪女子サッカー、アジア1次予選の組み合わせが決定

イングランド戦に出場した日本女子代表の長野風花(左)。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

日本は2次予選からエントリー。

 AFC(アジアサッカー連盟)1月12日、クアラルンプールのAFCハウスで抽選会を行い、2024年に開催されるパリ・オリンピックの女子サッカーアジア1次予選の組み合わせが決まったと発表した。日本などシード5か国は10月の2次予選からのエントリーとなる。

 1次予選では、4チームが5グループ、3チームが2グループに分かれて、4 月3日から 11日までセントラル開催で対戦する。

 各組1位とシードである北朝鮮、日本、オーストラリア、中国、韓国の5チームが2次予選から争う。

▼アジア1次予選の組み分け
◎グループA
ウズベキスタン、ヨルダン、東ティモール、ブータン

◎グループB
ミャンマー、イラン、バングラデシュ、モルディブ

◎グループC
ベトナム、ネパール、パレスチナ、アフガニスタン

◎グループD
タイ、モンゴル、シンガポール、スリランカ

◎グループE
フィリピン、香港、タジキスタン、パキスタン

◎グループF
台湾、インドネシア、レバノン

◎グループ G
インド、キルギス共和国、トルクメニスタン

【関連記事】
【浦和L】安藤梢が鮮やかボレー弾!日本女子代表の猶本光を起点に2ゴール。千葉Lに2-0勝利、首位INACを勝点1差で追う│WEリーグ

【最新FIFAランキング】日本女子代表は変わらず…。豪州、ドイツ、カナダがランクアップ

【PHOTOギャラリー(11枚)】日本女子代表、スペインに0-1。欧州遠征は2敗に終わる

Ads

Ads