×

【浦和】「ソルバッケンの後継者」「本間がホンマに」本間至恩の加入決定、レッズサポーター期待大!

浦和の応援風景。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

「これまでのキャリアで得た経験を浦和レッズの勝利のために生かしたい」

 J1リーグの浦和レッズは7月1日、ベルギーのクラブ・ブルージュのセカンドチームでプレーしてきた本間至恩(Shion HONMA)を完全移籍で獲得することで合意に至ったと発表した。背番号は「19」。

 本間は2000年8月9日生まれ、新潟県出身の23歳。164センチ・60キロ。

 これまでのキャリアは、朝日SC ― アルビレックス新潟 U-15 ― 新潟U-18 ― 新潟 ― クラブ・ブルージュ。2023-24シーズンはセカンドチームに所属し、実質2部の1Bリーグで24試合・2得点・4アシストを記録している。トップチームでは1試合に出場した。

 本間はクラブを通じて「はじめまして、本間至恩です。このたび浦和レッズに加入することが決まりました。これまでのキャリアで得た経験を浦和レッズの勝利のために生かしたいと思います。応援よろしくお願いします」と決意を示している。

関連記事>>【浦和レッズ】ソルバッケン、埼スタでの万雷の拍手に「素敵でした」。「流れを止めなければトップ5まで行ける」

 SNSでは「本間がホンマに」とのレッズサポーターのつぶやきが数多く見られる。同日にはオラ・ソルバッケンのASローマへのレンタルバックが発表されただけに、ドリブル突破を武器とする左ウインガーの本間には、「ソルバッケンの穴を埋めてほしい」と、期待する声も寄せられている。

Ads

Ads