JFL得点ランク1位エフライン・リンタロウが鈴鹿で覚醒した理由とは?

24試合15得点と覚醒!「ミラのサッカーはやりすいし効率的」

鈴鹿を率いるスペイン人のミラ監督。(C)鈴鹿アンリミテッドFC

―――得点を量産しながらも先発から外れたり、早い時間帯での途中交代、出番がない試合
があったり、出場時間が少ない時期もありました。

「それはシステム上の問題で仕方がないことです。ミラからも説明があったので、その決
断をリスペクトして冷静に受け止めました。でも、選手としては本当に悔しかったです」

―――今季からスペイン人のミラ監督が就任し、チームに昨季までとは異なるサッカーが導
入されました。

「日本の多くの監督は守備からの攻撃という考えを徹底させようとしますが、ミラの考え
は攻撃あっての守備です。2タッチ以内でボールを大事につなぐこともそうですが、ボー
ルを奪われた瞬間の切り替えの速さをよく指導されます。

 今は1トップの自分がチームのプレスをスタートさせています。インテンシティ(強度)が高く、こういうサッカーは僕も含めてチームメイトの多くが初めてです。慣れるのに
は時間がかかりますが、監督や選手たち同士がコミュニケーションをとり続けていくこと
で良い方向に進化し続けるサッカーだと思います」

もう負けられない――「三重ダービー」への決意を示す。

―――守備的なチームのFWには攻撃時の自由や守備を免除され、逆に攻撃的なチームほどFWにはボールの即時奪回のための守備貢献が求められるケースがあります。どちらのほ
うがプレーしやすいでしょうか?

「自分はミラのサッカーがやりやすいです。今まではボールを奪われると、まずチーム全体が自陣に引いて守備ブロックを構築することから守備を始めていました。確かに失点は少なかったですが、いったん自陣に引くとなると、攻撃陣の選手は50メートルほど長い距離を戻らなければいけません。そうなると、攻撃に切り替わった時に息が続かなくてゴール前で失速したり、プレーの精度が落ちてミスも出てしまいます。

 ミラのサッカーは攻守の切り替えが速く、スプリント(全速力)の回数を多くすること
が求められます。ただ、長くて15メートルくらいですし、ボールを奪う位置が相手ゴール
に近くなります。ゴールを奪うにも、体力的にも、自分はミラのサッカーがやりすいし、
効率的だと思います」

――そうなると攻守ともに「コンパクト」がキーワードになってくると思います。1トッ
プのリンタロウ選手にとって、中盤に下がって受けるのか、前線でパスを呼び込むのか? 判断が難しくないですか?

「ミラからはあまり下がりすぎないように言われていますが、中盤に下がってパスを受け
ると、自分がいたスペースに2列目の選手が走り込めます。あとは自分が中盤に下がると
密集になるので、サイドチェンジするような大きな展開をチームとして狙うことも多いで
す。選択肢は他にもあるので、そこの判断は難しくはないですね」

――普段は国内外のサッカーをチェックされたりしますか? クリスチアーノ・ロナウド
選手(ユベントスFC)に憧れていたと伺いましたが?

「サッカーは観るのも好きで、ブラジルやヨーロッパ、Jリーグなど、国を問わずよく観
ています。今は憧れや好きな選手はいないのですが、プロ1年目に柏レイソルでチームメ
イトだったレアンドロ・ドミンゲス選手(横浜FC)は凄いと思いましたね。キックの種類
が豊富で、精度が高くて強烈でした! また一緒にプレーしたいと今でも思います」

――オフの時間には何をされているのですか?

「オフの日には名古屋の実家に帰るようにしています。ビリヤードが趣味で、旅行が好き
なのもあって英語の勉強もしています」

―――JFLは残り5試合になりました。目標を聞かせてください。

「チームとしてはJFL残留を果たすことです。地域リーグからJFLへの昇格は、ある意味
、J1やJ2、J3への昇格以上に難しいことだと思います。せっかく地域チャンピオンズリー
グという難しいコンペティションを勝ち上がってJFLへ昇格してきたので、1年での降格だ
けは絶対にしたくありません。残り試合は上位チームとの対戦が多く厳しい日程ですが、
個人としてはチームのためにより多くのゴールを決めたい。そして、チーム全員で1試合
1試合を大事に戦っていきたいと思います。特に古巣でもあるヴィアティンとの“三重ダー
ビー”は今年公式戦で一度も勝てていないので絶対に勝ちたいと思います。応援よろしくお
願いします!」

JFL順位表(2019年25節終了時点)。鈴鹿は14位で、得点数は4番目に多いものの、失点がワースト2位。

◆プロフィール◆
エフライン・リンタロウ 
Efrain Rintaro

鈴鹿アンリミテッドFC
FW 背番号7
1991年7月23日生(28歳)
身長:187cm 体重:80kg
出身地:パラナ州クリチバ(ブラジル)
今季JFL:24試合出場15得点(第25節終了時)

【PLAYING CAREER】
2010-2012 柏レイソル
2011 FC岐阜(期限付き)
2012 ブラウブリッツ秋田(期限付き)
2013 FC琉球
2014 ヴィアティン桑名(現・ヴィアティン三重)
2015-2016 ラインメール青森
2017- 鈴鹿アンリミテッドFC

鈴鹿のイレブン。後列右がエフライン・リンタロウ。(C)鈴鹿アンリミテッドFC

◆鈴鹿の今後の日程◆
26節 11月3日(日)13時
VS Honda FC(HOME) @AGF鈴鹿陸上競技場

27節 11月10日(日)13時
VS  ヴィアティン三重(AWAY)@東員町スポーツ公園陸上競技場

第28節 11月17日(日)13時
VS FC今治(HOME)@三重交通G スポーツの杜 鈴鹿

29節 11月24日(日)13時
VS 奈良クラブ(HOME)@ AGF鈴鹿陸上競技場

30節 12月1日(日)13時
VS FC大阪(AWAY)@大阪府営服部緑地陸上競技場

[取材・文:新垣 博之]
 
[写真協力:鈴鹿アンリミテッドFC]

関連記事:【ミラ監督インタビュー #1】「規模は似ている鈴鹿とアルバセテ。『数万人がサッカーを楽しむ』中からイニエスタは生まれた」

Ads

Ads