×
×

【U-24日本代表】スタメン予想。久保温存ならば3バック、三笘ウイングバック起用も?ボランチ候補は3人

帰国間もない久保建英や三好康児が外れる場合、原輝綺や菅原由勢を右ウイングバックに据える3-4-2-1もあり得るか。(C)SAKANOWA

南米王者U-24アルゼンチン代表に、横内監督代行はまず全力で挑むと意欲を示す。

[SAISON CARD CUP] U-24日本代表 – U-24アルゼンチン代表 /2021年3月26日19:00/東京スタジアム

 U-24日本代表が3月26日、東京スタジアム(味の素スタジアム)で南米王者のU-24アルゼンチン代表と対戦する。2020年1月にタイで開催されたU-23アジア選手権でのレッドカードによる出場停止が、この試合で適用されるため田中碧の欠場が決定。ボランチが果たして誰になるのかが、一つ注目ポイントになる。

 今回監督を務めるU-24日本代表の横内昭展コーチは、「まずこのアルゼンチン戦、選手が持っている力を全部吐き出してほしい。そこで初めて色んなことが見えてくるかなと思います」と語っている。第1戦に全力で挑み、その課題を中2日での第2戦に生かすというサイクルを見据える。

 しかし一方、欧州組の多くの選手は23日に合流し、全体練習には24日から参加している。時差の影響もあるに違いない。その選手たちのコンディションについては、横内監督も慎重に配慮する姿勢を示している。

 右MF(あるいはトップ下)の主力級である久保建英、三好康児、さらには所属先の右ウイングを主戦場にする食野亮太郎も直前の合流に。コンディションによっては彼らがスーパーサブに回り、より元気なJリーグ組がスタートから起用されるか。

 そうなると、このチームが発足から取り組んできた3-4-2-1を採用することもあり得る。そこで三笘薫が左ウイングバックを務めるという攻撃的布陣も浮上する。一方、右には原輝綺、欧州組ではあるがコンディションの良い菅原由勢が起用可能だ。

 田中碧不在のボランチは、田中駿汰、渡辺皓太、あるいは五輪本番を想定しての万能タイプ板倉滉の起用もあるか。

 試合は3月26日19時、キックオフを迎える。中2日の29日には北九州スタジアムで、U-24アルゼンチン代表との第2戦が組まれる。

注目記事:日本人選手の市場価格トップ10。久保建英3位に。”初”の1位は23億4000万円あの選手!

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads