×

【U-24日本代表】直前スタメン予想。板倉、瀬古、渡辺の共存を試す!?

(C)SAKANOWA

山根に触発された旗手が左サイドから攻める? 3バックの採用も。

[SAISON CARD CUP] U-24日本代表 – U-24アルゼンチン代表 /2021年3月26日19:00/東京スタジアム

 U-24日本代表が3月26日、東京スタジアムでU-24アルゼンチン代表と対戦する。東京オリンピックまであと約4か月、南米予選を1位で突破した強豪と腕試しをするまたとない絶好の機会となる。中2日で北九州スタジアムでの第2戦にも臨む。

 今回監督を務めるU-24日本代表の横内昭展コーチは、この第1戦にまず全力で挑み「そこで初めて色んなことが見えてくるかなと思います」と語る。東京で見えた課題を、北九州で修正を図る――。実際に中2日で試合が行われる東京五輪本番をも見据えた対策も兼ねる。

 この試合は、昨年のU-23アジア選手権のカタール戦でレッドカードを受けた田中碧(川崎フロンターレ)がサスペンションにより欠場すると決定。ボランチが誰になるのか? そこが焦点となる。

 順当にいけば、北海道コンサドーレ札幌の田中駿汰の起用になるか。

 一方、どのように機能するのか見てみたいのが、DFリーダーである板倉滉(FCフローニンゲン)、急成長を遂げる瀬古歩夢、J屈指のバトルの強さを発揮しつつある渡辺剛(FC東京)の共存だ。板倉をボランチ、あるいは左サイドバックで起用し、三人が同時起用されることもあり得るか。横内監督は「所属先と同じように個が生きるように」と語っており、4バックの可能性が高いものの、3バックを選択する可能性もある。

 また、昨季終盤から川崎で左サイドバック起用が続く旗手怜央が、前日の韓国代表戦で先制点を決めたチームメイトである山根視来に触発されて、サイドを疾走する。そんな躍動する姿も期待される。

 前線では久保建英(ヘタフェCF)、三笘薫(川崎)の共演が実現するかがちゅもくされる。さらにそこに三好康児(ロイヤル・アントワープFC)や食野亮太郎(リオ・アヴェFC)がどのように組み合わせるのかも焦点となる。

 金メダル獲得に向けた大切な一歩――。試合は3月26日19時、キックオフを迎える。

注目記事:日本人選手の市場価格トップ10。久保建英3位に。”初”の1位は23億4000万円あの選手!

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads