南野は規定により欠場、現地観戦。リバプール無敗首位キープ「選手を誇りに思う」とクロップ監督

南野拓実。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

ホームでシェフィールドに2-0の快勝を収める。

[プレミアリーグ 21節]リバプール 2-0 シェフィールド・U/2020年1月2日/アンフィールド

 イングランド・プレミアリーグの一戦、リバプール・FCがホームでシェフィールド・ユナイテッドに2-0の勝利を収めた。

 リバプールはリーグ1試合未消化で19勝1分(49得点・14失点)の無敗のまま勝点58で首位をキープ。2位レスター・シティとの勝点差を再び13とした。

 日本代表FW南野拓実はリバプールへの正式加入が移籍期ウインドウの開いた1月1日に正式決定。しかし1月1日又は1月2日に加入した選手は年が変わって最初のゲームには出場できないというリーグ規定により、南野はスタンドから試合を見守ることとなった。

 リバプールは開始4分、左サイドからのクロスにモハメド・サラーが合わせて押し込み先制に成功する。その後も試合を支配しチャンスを作り出すものの、相手のビックセーブに阻まれ追加点を挙げられない。

 そんな時間帯が続いたなか、64分、カウンターから抜け出したサディオ・マネがシュートを放ち、一度はゴールキーパーにセーブされたものの、こぼれ球を冷静に押し込んでリードを広げた。

 リバプールのユルゲン・クロップ監督は試合後のインタビューで次のように語った。

「今日の結果に私はとても満足していますし、選手たちを誇りに思います。今日の布陣のなかで我々は相手の背後を狙ったり、ライン間に位置して相手を困惑させたり、カウンター攻撃を使ってみたりとチームとして持っているすべてを出すことができました。

 シェフィールドを相手に今日のようにゲームを通して支配することは中々ないことですし、ポゼッションの場面では落ち着いていて、選手たちは本当に素晴らしかったです」

 試合を通してゲームをコントロールしていた今日の出来に指揮官は満足し、選手を賞賛していた。

 今節はリーグの規定によって出場ができなかった南野拓実だが、1月5日(日本時間1月6日1:00)に行われるFAカップの3回戦、ホームでエバートンFCとの「マージーサイド・ダービー」が控えている。現地メディアはこの試合で南野がデビューすると予想している。

 果たして南野のイングランドデビューなるか。またリバプールはプレミアリーグでは、次節1月11日、アウェーで6位のトッテナム・ホットスパーズと対戦する。

関連記事:南野拓実がリバプール合流。クロップやシャキリとドイツ語、チームメイトとは英語で挨拶を交わす

 [文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads