×

リバプール南野スタメンデビューか。「コンディションは良い」とクロップも起用を示唆

南野拓実。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

FAカップ、エバートンとの「マージーサイドダービー」で。

[FAカップ 3回戦] リバプール – エバートン/2019年1月5日(日本時間6日1:00開始)/アンフィールド

 FAカップ3回戦、リバプールFCがホームで、エバートンFCとの「マージーサイドダービー」が行われる。2020年1月1日に正式加入した南野拓実は、この一戦で公式戦デビューを果たすか。コンディションによっては、スタメン出場もあり得そうだ。

 リバプールに正式加入した南野拓実は2日のプレミアリーグのシェフィールド戦、リーグの規定により出場できずスタンドからの観戦となった。このFAカップは、南野は問題なく出場可能だ。

 リバプールのユルゲン・クロップ監督は前日記者会見で南野について、「コンディションは非常に良い」と話し、チームの過密なスケジュールを考慮してエバートン戦で起用する可能性を示唆した。

「南野は合流して、3つのトレーニングセッションをチームとともに行いましたが、十分とはまだまだ言えません。しかしこれはフットボールです。

 ザルツブルクがウインター・ブレイクに入って、南野はいくらか休暇の時間がありました。我々はそのタイミングで彼を自分たちのトレーニングに連れてくることはできないので、彼は日本に帰ったのですが、それはいい方向に働いてくれてました。彼がここに来てからのコンディションはとても良いです」

 また、チームとして、エバートン戦ではターンオーバーを採用する可能性を示唆した。

「シェフィールド戦を終えて1日しか経ってないので、選手がどういう状態なのかを引き続き判断している最中です。選手たちは素晴らしい試合をしてくれました。ゲームを支配し、たくさん走ってくれました。今の段階ではラインナップを組むことはできないと思います。賢明な判断が必要です」

 果たして、南野のデビューはさっそく実現するのか。しかも、ホームのアンフィールドでのダービーマッチとあって注目が集まる。

関連記事:柏の日本代表GK中村航輔が川崎に移籍か。キム・スンギュのJ復帰とともに韓国メディア報じる

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads