ビジャレアルまず『1冠』!?久保建英加入効果、突出するラ・リーガ内でのSNSの反応

ビジャレアルの久保建英。(C)Villarreal CF TV

その一挙手一投足にインパクトがあった。

 ビジャレアルCFがプレシーズンで、まず『1冠』――!? 

 スペインメディア『アス』は9月8日、『スポーツ&ファイナンス』の情報をもとにレポートを掲載。スペインのクラブチームの中で8月、SNSの動きが最も大きかったのが、ビジャレアルだったことに注目している。

 最も注目を集めたのが、やはり19歳の日本代表MF久保建英だったという。ツイッター、フェイスブック、インスタグラムのフォロワーやビュー数は、いずれも久保加入前はラ・リーガの中では、「真ん中より下位」であった。ところが、レアル・マドリードからの期限付き移籍が決定的だと報じられたあと、急速な伸びを示したということだ。一気にレアル・マドリード、FCバルセロナ、セビージャFCに次いで、リーグ内の「4位」まで登録者数なども増えたそうだ。

 記事の中で、次のように“久保効果”について触れている。

「シュートアップした最大の要因は久保建英の加入だ。久保の登場によって、すべてのチャンネルで目をみはるような盛り上がりを見せた。久保の一挙手一投足はとてもインパクトがあるもので、ビジャレアルのマーケティングや反響を得るうえで、とても有益な情報となっている」

 とはいえ、久保だけでそのような爆発的な伸びを示したわけではないとも強調する。 バレンシアCFからダニエル・パレホ、フランシス・コクランを獲得したことで、ビジャレアル、バレンシア、そして多くのサッカーファンの関心をより一段と引き出したということだ。

 この勢いを、そのままシーズン開幕からのスタートダッシュにつなげたいところ。ビジャレアルの快進撃は果たしてどこまで続くのか――。

 スペインリーグは今週末、開幕を迎える。ビジャレアルは9月13日(日本時間14日1:30)、岡崎慎司の所属するSDウエスカと対戦する。DAZNにて生中継で配信される。

注目記事:ポルト監督が“中島翔哉問題”の真相激白「ナカジマは技術的にそそられるがサッカーは…」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads