TAKEコプター全開!久保建英が1得点2アシスト、圧巻ヨーロッパデビュー

久保建英が1得点・2アシストの大活躍!※UEFA_TVより

ビジャレアルがEL初戦、トルコ強豪との激闘を制す!今季初先発、数多くの決定機を作り出す。

[EL 1節] ビジャレアル 5-3スィヴァス・スポル/2020年10月22日(日本時間23日)/エスタディオ・デ・ラ・セラミカ 

 いきなりTAKEコプター全開だ――。ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ1節、スペイン1部ビジャレアルCF対トルコ1部スィヴァス・スポルの一戦、ビジャレアルの久保建英が新天地での公式戦初先発とともにヨーロッパカップ戦のデビューを果たすと、1得点・2アシストを記録する圧巻の活躍を見せた。

 ホームでの雨が降るなかでの無観客試合。黄色い16番のユニフォームを着た久保がトップ下で先発を果たす。

 相手のマンマークの守備に対し、ウナイ・エメリ監督は久保をキーマンに指名。日本代表レフティが中央のみならず両サイドにも位置取り、攻撃のアクセントを与える。

 久保は開始5分過ぎまでボールを触れずにいたが、1本パスをつないだあと、ヒールからの打開など次第にリズムを掴んで機能。迎えた13分、左サイドのペナルティエリア内で久保が起点に。その展開からサムエル・チュクウェゼがシュート!そのこぼれ球を、久保が左足で押し込み先制に成功する。

 さらに20分、19歳のレフティはペナルティエリア手前からタイミングを見計らい柔らかなパスを放つ。これをカルロス・バッカが豪快に突き刺し、2-0に。

 しかし、スィヴァスもハードワークを続け、43分までに2-2の同点とする。

 後半のビジャレアルはビセンテ・イボーラを投入。4-4-2システムを変更し、久保は右MFに入る。

 53分、再びホームチームが突き放す。久保の左サイドのコーナーキックにフアン・フォイスが合わせ、こちらも加入後初ゴールを奪う。久保にとってはこの日2アシスト目に!

 その後3-3と追い付かれる白熱の展開となったが、70分に交代出場したスペイン代表にも選ばれるFWパコ・アルカセルが74分、78分とゴールを連取。結局、そのままビジャレアルが5-3で勝利を収めた。

 久保はフル出場を果たし、ヨーロッパの初舞台で、いきなり1得点・2アシストの大活躍。“TAKE COPTER”がトルコの強豪をきりきり舞いにさせた。

注目記事:久保建英、困った。ビジャレアルがELアゼルバイジャン入国できず

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads