×

マネもケイタも喜んだ!リバプール南野拓実がプレミアリーグ初ゴール

海外日本人

日本代表南野拓実リバプールFC

サカノワスタッフ

南野拓実。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

クリスタル・パレス戦、開始3分に先制弾、7-0の大勝を収める。

[プレミアリーグ 14節]クリスタル・パレス 0-7 リバプール/2020年12月19日/セルハースト・パーク 

 リバプールFCの日本代表FW南野拓実がクリスタル・パレス戦で4-3-3の左ウイングとして先発出場し、開始3分にプレミアリーグ初ゴールを決めた。そのゴールを皮切りにリバプールはトータル7ゴールを奪う大勝を収めてみせた。

 今季加入直後からブレイクを果たしたポルトガル代表FWのディオゴ・ジョタがヒザのケガにより長期離脱。またエジプト代表FWモハメド・サラーも直近の試合で足首を痛めたことでベンチスタートとなった。

 そこで巡ってきたチャンスを、南野がしっかりモノにした。

 開始3分、前線でボールを収めたマネからのパスを受けると、レッズの18番は冷静に左足で一旦フェイクを入れてDF陣を翻弄。その間隙を縫い、しっかり右足を振り抜いて、シュートをゴール隅に突き刺した。

 守備を固めてカウンターを狙おうとしていたクリスタル・パレスはこれで出鼻を挫かれ、全体のバランスを失う。そこを南野、ロベルト・フィルミーノ、サラの3トップをはじめ、全員が強度の高いプレスと高い連動性からゴールを猛襲する。その3トップが全員決めたほか(フィルミーノ2得点)、ジョーダン・ヘンダーソン、さらに途中出場のサラーも2ゴールを奪い、計7ゴールの大勝を収めた。

 首位リバプールは9勝4分1敗(36得点・19失点)の勝点31で、このあと今節の試合がある2位トッテナム・ホットスパーFCに勝点6差をつけた。

 南野はプレミアリーグ今季8試合・1得点。ユルゲン・クロップ監督のもと、RBザルツブルクから完全移籍で加入してちょうど1年が経とうとするなか、待望の一発がついに生まれた。

 何より南野がゴールを決めたあと、駆け寄って祝福するチームメイトたちの笑顔がとても印象的だった。来月誕生日を迎える前、25歳で決めた記念すべきゴール。ここからさらに勢いに乗れるか――。

注目記事:久保建英がお洒落ヒールから好機演出。今季二度目の国内リーグ先発は58分で交代に。ビジャレアル対ベティス、1-1ドロー決着

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads