本田圭佑がポルトガル到着、5日にポルティモ正式加入。6か月契約、延長オプションあり

本田圭佑。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

メディカルチェックを経て。現地メディアが報じる。

 ポルトガルメディア『ア・ボラ』は1月4日、ボタフォゴを電撃退団した元日本代表MF本田圭佑が1月5日、ポルトガル1部ポルティモネンセSCと正式契約を結ぶと報じた。

 記事によると、本田は1月4日にポルトガルに到着。まず新型コロナウイルス(COVID-19)の検査を受けたという。そして5日にメディカルチェックを受けて、正式契約に至る。6か月契約で、次シーズンへの延長(更新)のオプションも付く。

 すでに先週から滞在している36歳のアルゼンチン人FWエルナン・バルコスも本田と同様の条件で、5日にメディカルチェックを受けるという。

 一方、DFルーカス・ポッシニョーロが中国の武漢卓爾、MFデネルがサウジアラビアのアル・タアーウンFCからオファーを受けていて、この冬に移籍する予定だ。

 ポルティモネンセは現在、ポルトガル1部で2勝2分7敗(7得点・14失点)の勝点8で、18チーム中最下位に沈んでいる。

 また、ボタフォゴは4勝11分12敗(25得点・39失点)で20チーム中19位に低迷。2月にシーズンを終える予定だ。

注目記事:「クボは練習に参加していない」エメリ監督が明かす。久保建英、スペイン国王杯欠場。ヘタフェ移籍近づく

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads